スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死ぬまでに弾いておきたい曲 


今から自分の実力を棚にあげて
バカなこといいますよ?


チャイコフスキーバイオリン協奏曲が弾けるようになりたい


来世に期待(笑)

幼少から習ってプロになり、それでも限られた一部の人にしか弾きこなせない名曲って分かってるけど

弾けるようになりたいって思っちゃうくらい
すごい好きなんですよー


とにかく今レッスンに行きたい病がすごくて
死ぬまでに弾いておきたい曲を羅列します

カルテット系
・ショスタコーヴィチ カルテット8番
・ボロディン カルテット2番
・チャイコフスキー アンダンテカンタービレ

オケ系
・ショスタコーヴィチ 交響曲5番 革命
・チャイコフスキー 交響曲4,5,6番
・ハチャトゥリヤン 仮面舞踏会
・ムソルグスキー 禿げ山の一夜
・ムソルグスキー 展覧会の絵
・ボロディン だったん人の踊り
・ボロディン 中央アジアの草原にて
・ホルスト セントポール組曲

ソロ系
・ヴィターリ シャコンヌ
・サンサーンス 序曲とロンドカプリチオーソ
・ベートーベン ソナタ春
・ドヴォルザーク ユーモレスク
・ブラームス ソナタ全部
・ヘンデル ソナタ全部
・サラサーテ カルメン幻想曲


やっぱロシア系多いな(笑)
ロシア人作曲家のメロディって本当に好きなんだ

バイオリン曲、思い出せばもっとある



こうやって見てみると
死ぬまでに叶いそうな曲もあれば
まず無理だろってのもあるな


きっと、死ぬまでに弾いておきたい曲リスト
第2弾でるな

どっかにメモしておこう…

スポンサーサイト

楽譜がないと弾けないのに、音名が読めない 



今日、本番を終えてきました
オケ曲しかお願いされていなかったのですが
色々ありまして、本番2日前に4曲のアンサンブルが追加

おいおい!ほぼ初見じゃないか!!
って感じだったのですが、
さほど難しい曲でなかったのでなんとかなりました
(いやなんとかなったのか?)

こうやって、突然曲が追加されるのは珍しいことではないので
結構初見で合わせること多いのですが

自分で言うのもなんだけど、
4ポジで収まる範囲内かつアレグロくらいの速さなら
わりと弾けます

でも、実は私
音名を読むのに時間かかるんです

よく、インテンポで音名で歌える人いるじゃないですか
初見でなくても私あれできません

でも楽譜ないと弾けない
音名では歌えない
でも初見はいける


いつも、なんでだろうと思っていたのですが
今日気づいてしまった!

私は音符をみて頭のなかでメロディは流れるけど
音名は浮かんでない

音符をドとかレとか言語化してない!

だから、ピアノのレッスンで先生にドレミで歌われると全くもって弾けない

楽譜を見たら反射的に体が動く感じ

これってあんまり誉められたことじゃないよなぁ
と思いつつも
どうも昔からドレミで歌うのが慣れない
てか口も回らない

そうそう、それができないから
書いてある楽譜のオクターブ上や下を弾くというのもできない
線増えてもいいからちゃんとその音域で書いてほしい

わー
なんてわがままなんだ

そして、話の終着点を見失った…



…………。





今日はお疲れ様でした!私!!

知っている曲の罠… 


旦那さんが非常にバイオリンに協力的なので、
まだ3ヶ月に満たない娘と留守番をしてくれます

幼い娘を家に残して行くことに後ろ髪を引かれながらも
がんばって練習に行って参りました

ファランドール
後半のハイポジションの連続に、随分5ポジ慣れてきました
同じことの繰り返しなので、それも良い練習になったと思う

しかし、練習番号Kからが…!
ゆっくりなら大丈夫でも、速くて!!弾けない!!

同じことの繰り返しが故に頭こんがらがります(^^;

でも、本番までにはなんとかなりそうな手応えあり


そして、パイレーツオブカリビアン
これはもう有名ですから。聞きなれた曲
おまけに、今回1stだから、ずっとメロディ担当
一部を除けば簡単な曲なので、合奏中意識が……
なんというか…明後日の方向に行ってしまう…
弾きながら違うこと考えてしまう…

そうすると、知った曲だから…
適当に弾いてもメロディ追えてしまって…

この間、勝手に違うパートのメロディ弾いていた…😨

わーお!ここは私、ハモリでしたー!!ごめんなさーい!!
ってなりました(^^;


そして、ベートーベンの田園

これなぁ。結構前からアーティキュレーション命と思って細かく練習してたんだけど
全部裏目に出たっぽい…

スタッカート真面目すぎと言われた。

うわぁぁ!音型にばかり気をとられて曲の感じ忘れてましたー!
のどかな感じですよね!💦

これは大分見直し…
うぅ…がんばります((T_T))

基礎力の差 

今日は合奏に行って来ました

アルルの女をやりました

同じアクセントでもパストラーレとインテルメッゾでは表情が違うのはなんとなーく分かっていましたが

今日は先生にどう違うのか突っ込まれてしまいました(^^;

「活き活きと表情をもって」という指示はあるけれど
どんな表情で弾くのか…

やべー。アルルの女見たことないのよねー。

"どう弾くのか考えず、ただ音を並べて弾くのは音楽じゃなく騒音でしかない。"

ぐさりときましたね。
次回までの宿題だな。

そういう音楽性とか、表現については課題ですが

技術的にはそんなに高度ではないこの曲
しかし、ファランドールの後半は…まだ弾けない(;つД`)

ハイポジの連符とか
同じ音形の繰り返しとか

ちょっと頭がくるくるパーになります(^^;
自分がなに弾いているんだかよく分からなくなり迷子になる…

こんなの、音階をしっかりやっていればなんてことないんだよな

その証拠に、めちゃうまい後輩が初見でサラッと弾いていた。
今まで地道に積み上げてきたものが音に出ていました。
いいね。聴いていて気持ちがよかった。

とりあえずゆっくりから練習して、本番までに間に合わせます(-_-)

本番終わったら、年内中にレッスン行こう。

調弦に9年 

昨日、初めての合奏に行って来ました。

オケ部は年々部員が減少してしまい
定演では、ほとんどがお手伝いさん状態みたいです
定演ではなんとか人数揃えたみたいですが
音楽祭は1stバイオリン2人しかいないみたいです。

現役と私の2人だけです


え?


さほど難しい曲ではありませんが
人数いないのはいかんのです。

どう考えてもヤバすぎなのです。


もう、しーらないっ!って感じです(^^;



さて、随分前からチューナーをなくしてしまい
家では耳で調弦していたのですが

いまいち自信が…

昨日、後輩からチューナーを借りて確かめてみたら

普通に調弦できてました!


おぉ!バイオリンはじめて9年、ついに耳で調弦できるように!!

まぐれでないことを祈る(>_<)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。