リストスピッカート 


今日は、運動会の振替休日ということで
普段できないことをやってきました。

まずは化粧品の買い物。
百貨店へ休日に行くといつも激混みで、待たされるわ待たされるわなんですが
平日ともなれば空いていて、あれもこれもと試させてもらいました(^^)

お目当てのものも買えて、充実☆

しかし、さらに私の休日を充実させてくれるのは、やはりヴァイオリン


久しぶりに大学のオケ部に顔を出しました☆
最後に行ったのは去年の12月だったので、久々…

それに、私も卒業して3年経つので、「誰この人」状態にならないか心配でしたが
温かく迎えてもらって一安心


オケ部はとても発展しておりました。
立派な組織表のようなものもあり、仕事内容についても明記
活動の年間スケジュールも細かく決定しており

もはやここは職場か!?というような素晴らしい状態になっていました
私は結構その辺適当だったので、このようにきっちりやれる人たちが入ってきてくれて
卒業生として、なんだかとても安心です


そして、今年の定期演奏会(ジョイントコンサート)は
・マイフェアレディ
・フィンランディア
・カルメン
をやるようです。

カルメン…私弾けるんでしょうか(笑

セカンドパートでお願いしておきました。


そして、この曲を演奏会直前に合奏するのではなく
月に2回ほど卒業生たちとの合奏の機会を設けるんだとか。

正直とても助かります!!
だって合奏の日を直前にやられても結構焦るんです。
それに、定期的にこういう合奏を入れてもらえた方が私としても練習の目安になる。
良い演奏会にするにはこういう合奏練習は必要ですものね。


そんなこんなで後輩たちとの雑談や簡単なアンサンブルも終えると
少々場所をお借りして、自分のレッスンの曲を練習していました。

べらぼうに弾ける後輩(私より経験年数少ないのですが、とんでもなく弾けます)に、
ダメもとでリストスピッカートができないことを相談したのです。

すると、その後輩…リストスピッカートの手本を見せてくれました。
どんだけ弾けるんじゃ!?天才か!!と心の中で驚くとともに「ダメもとで聞いてみよう」なんておこがましいことを考えていたことを反省

やり方を教えてもらい、リストスピッカートをひたすら練習しました。

しかし、いまいちよく分からない。
あれは弓が跳ねているのか?トレモロとは違うみたいだけど、どう違うというのだ?

リストスピッカートについてはYouTubeにて、練習法を勉強していましたが
真似できん…



なんとなく、それらしい音は出るのですが
う~ん…
これでいいの?こんな感じ?う~ん…
という感じでよく分からん(^^;


後輩も根性モードで練習してできるようになったと言っていた…

まぁ理論とかどうこうより、習うより慣れろということなんだが、
根性モードでの練習は時間的にもできないのだ

そうなると、コツコツモードですよね~
一日5分リストスピッカートを練習し続ければ「慣れる」かな?

しかし、リストスピッカートの練習って解放弦をひたすら刻むから
大きい音が出てしまうのでアパートではなかなか練習できない…

もう楽器OKの賃貸に引っ越すかな……無理か。



スポンサーサイト

1/4フラジオが未知の領域過ぎて弾けない… 

今日はとても暖かかったですね~

昨日までの雨の影響で、校庭がぬかるんで
子供の足跡やら車のわだちやらで、ぐちょぐちょーのボコボコ~だったので
乾いて固まる前にトンボで平らにしてきました。

おかげで汗だくに…


さてさて
最近、新しい曲の譜読みを始めました。

ザイツのコンチェルト4番です。


5番や3番は結構有名ですが、4番はあんまり人気ない?(私は知りませんでした)

こんな曲



え…
なんですかこの曲…

・フラジオレット
・左手ピチカート
・リコッシュサルタート
・重音
・リストスピッカート


なんかすごいたくさんの奏法が盛りだくさんなんですけど…
なんか急に難しくなったぞ・・・


楽譜眺めただけで心が折れそう(笑


この曲、篠崎教本3巻の最後に載っているので
きっと3巻で学んだことの集大成ということなんでしょうが…
う~ん。。。



ひとまず今日で譜読みを初めて3日目なんですが
左手のピチカートは解放弦をはじくだけなので、ビビったほど難しいものではありませんでしたが

それよりなにより私を悩ませるのが


1/4フラジオレット



なにこれ

全然、音ならないんだが(笑


奏法は1/2フラジオと変わらないはずなのに
決まらないんですね~


大体、レの位置に指を置いているのにラが出るっていうのが違和感(笑



慣れるまで練習ですね(^^;



右手の脱力 


こんばんは~


今日はいつもより短い、つぶやきみたいな記事です



私がバイオリンを手にしてから
色々なところで耳にする「脱力」という言葉


私もさんざん言われましたよ~


脱力すれば手首が柔らかくなって弓がまっすぐになるとか

きれいな音がでるとか




でも、未だに手首の力を抜く…脱力するということが分かりません。


だって、私の中では


脱力〓力を抜く


え?力抜いたら手首曲がらんがな



全弓使うにはどうしだって手首を動かすじゃないですか

力を抜いたら、そもそも弓自体動かすことができないのでは?


という、かなり面倒な思考回路をしているので


私の中で「脱力する」という言葉がはまったことはありません。




私、思うのです。

弓をまっすぐ弾くコツって
「脱力」という言葉で表すより


「手首を使う」って言った方が通じるのでは?


手首が固いんじゃなくて、手首を使ってないから固いように見えるんじゃないかな?


人から言われる感覚的な言葉を信じて練習するより

手首の動きや角度なんかを分析して
手本の動きと自分の動きを比較して
そうやって目に見える物をもとに練習した方がよっぽど実感の伴う練習になる気がする。

以上、理屈っぽいアマチュアの独り言でした<(_ _)> 

表現力を磨く 

あけましておめでとうございます

昨年はブログを通じて大変お世話になりました(*^^*)

今年もどうぞよろしくお願いします。




さて、今年はレッスンも再開しようと考えています

もっと欲張れば、色々な目標が立てられるのですが

今年はとりあえず


レッスン再開と続ける


ということで(^^;)







今日も基礎練習に加えて
Home Sweet HomeとAir Varie no.6を練習していました

私は曲練習に入る前に必ずやることがあります



それは歌うこと


口ずさむのではなく
結構全力で歌います



楽譜に書いてある音楽記号
これは書いてあるから小さくするんだなとか大きくなるんだなって分かりますけど


音楽記号が書いていなくても
音型によってはクレシェンドしたりテンポが揺らいだりするわけです



例えば
上昇の音型ならクレシェンド
下降の音型ならデクレシェンド
フェルマータの前はテンポが少し遅くなる
フレーズの頭の音は長め?響かせる?ようは始まりですと分かるように(笑)
などなど


そんな暗黙の決まりみたいな物が音楽にはあるので

それを確認したり
教わったことを体に叩き込んだりする意味でも私は歌います



表現力を磨く一つの手段として歌っています



しかしながら
頭や口で思い描いた音楽が
そのままバイオリンで出来るかどうかは
また別の話(笑)

そこはやはり技術が必要なんですよね(>_<)


だから曲をやればやるほど
理想と現実のギャップに凹みます(T_T)

やればやるほど欲がでる。 

Merry X'mas


今日はクリスマスですね


クリスマスといえど平日なので、私は23日に済ませちゃいました。

ちょっと手の込んだ料理を作る予定が、盛り付けをクリスマスっぽくしただけで
いつも通りのご飯になっちゃいましたがw






さて、この間の三連休はヴァイオリン三昧な日々を過ごし

いつもの基礎練習に加えて

home sweet homeばかりを練習していました


でも、やればやるほど欲が出てきて

ここが上手くいかなかった。
あ…この音程が
雑音が入っちゃった
このアウフタクトが
弓が……


なんて、できなかったところばかりに目が耳がいっちゃって

はぁ……うまくできない。。。


って無限ループにはまってしまいました。


そして  「は……!!」

「また完璧を目指してしまった!!」


「いつか弾けるようになるんだから、今躍起にならなくてもいいの、いいの」
と自分に言い聞かせ…



時間があると、ついつい一生懸命になりすぎて
ミスのない完璧な演奏を目指してしまいます。


でも、ミスのない完璧な演奏って目指しても何の意味もない。

なぜなら、私はプロじゃないから!!


それにきっと、「完璧な演奏ができた」なんて一生感じることはないし
そう思えたときが来たとしても、それは自己満足というやつで「いい音楽」ではない。



いい音楽、いい演奏と判断するのは私ではなくて、聴いている人だから。



そう思い、気分を変えて次の課題曲を譜読みしました。

Dancla作曲 Air Varie no.6









言葉は通じないけど、なんとなく言いたいことは通じますね

そしてご婦人の演奏、色気あっていいですね
ピアノとアンサンブルもしてて


さぁ、まずは音程と運弓の練習からですね(^^)