スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノの発表会終了 



今日はピアノの発表会でした


結構多くの生徒さんが参加して

まさかの4時間



いやはや疲れました(笑)



弾いた曲はショパンのポロネーズ7番です


プログラムがどうしても年齢順なので
私は、後ろから2番目でした


しかも、プログラムが進むにつれて曲の難易度、完成度が上がっていくので


上級者のなかに放り込まれた形になり
緊張もあいまり

膝がプルプルしておりました(笑)




発表会の動画を確認すると


ミスタッチ、何度かやらかしましたが
まずまずだったと思います

でも、「こう弾きたい」って思いより緊張の方が勝ってしまったので


全然納得はできません



ピアノがベーゼンドルファーだったことにも
ビビっちゃいました



悔しいので、次も出ます


次回は1年半後だそうです



スポンサーサイト

バイエルの次はソナチネ 



6月から通っているピアノですが

残り1曲でバイエル卒業というところまできました


次は何やるのかな~と思ったら

先生悩みだしまして


「指の体操ならツェルニーがいいと思いますけど、あとは…ソナチネとかどうかな~」


え!?ソナチネ?


私はてっきりブルグミュラーをやるのかと思っていたので、思わず


バイエルが終わると皆さん何をやるのが多いのですか?

と聞くと

「ブルグミュラーが多いけれど、やらなくていいんじゃないかしら。ソナチネの7番なら弾けてしまうでしょ?」


そ、そうですか?



ということで、ソナチネに決定しました



バイエルよりは、難易度かなり上がりますけど
頑張ります



ところでソナチネって、1番から順番にはやらず
順不同でやるのですね


そのシステムにもビックリ




しかし、ソナチネの前に
バイエルの最後の半音階に苦しめられています

指使いこんがらがる~



ピアノの体験レッスンに行ってきた 



ピアノを習おうとネットで検索したら
同じ町内に2件のピアノ教室がありました!



徒歩3分で着きます



今日、行った教室はピアノ、エレクトーン、声楽、ソルフェージュを教えている個人教室


歌の伴奏が弾けるようになりたい私にはピッタリの場所だと思います


とりあえず、4年生の教科書に載っている紅葉を弾きました



「なんだ弾けるじゃない」



あ…いえ、これは学生のときに1年かけて習得したので…



とにかく基礎から学びたい
どんな曲でもコード伴奏をつけて演奏できるようにしたい
譜読みの時間が少しでも減るように、とにかくピアノに慣れたい


そんな要望を伝えまして


バイエルは72番から
レパートリーが増えるように教科書の曲を中心にレッスン

という形になりました



年42回のレッスン
月4回 30分コースで月謝8000円です
入会金1000円


うん。相場通り



たった一回のレッスンで自分にあっているかどうかなんて分からないのでとりあえず通います


それから判断します




しかし、
昨日3時間バイオリンを弾き、今日もバイオリンとピアノを1時間ずつ


左手が筋肉痛になりましたf(^^;



痛すぎて、湿布はりました


どんだけたるんでいたのか(笑)

やる気になっていたところに 

レッスンの日にちも23日と決まり

バイオリン熱も上がっているところに、まさかまさかのことが

卒業式のピアノ伴奏担当になってしまった(゜ロ゜;ノ)ノ

私、ピアノ習っていたわけではないので

ものすごーーーーーく練習しないと弾けません

あわあわです

これからピアノも練習しなくてはです

録音で済ましてしまうこともできますが 

子供たちのために生演奏で送り出してあげたいと思うのが人情

わが家のピアノは電子ピアノなので、みんなが寝静まったあとでも

ちょこちょこ練習できるのが救い

がんばらねば


感動した 

今シーズン2度目の風邪を引いています。

なんだか喉が痛すぎて、耳まで痛いですよ(;o;)

医者に行こうかと思ったんですけど
去年から腰やら膝やら風邪やらインフル予防接種やらでお世話になりすぎて

行く度に「あら…また来たの。今度はどうしたの?」という言葉が、美人女医からにじみ出ていて(実際には言ってません)
今回とても行きづらいです(笑

熱はないし、節々痛くないし、めまいしないしで
喉以外はいたって健康なため、ほっときゃ治るかなぁと思いつつも

市販の痛み止めでは効かない始末
イタイ~イタイ~と言いながらご飯食べてますわ~(泣




さて、今日はピアノの試験でした

弾いてきましたよ~
スタンウェイでエルガー作曲「愛の挨拶」

前の人の汗が鍵盤についていて、一箇所ミスタッチしてしまいましたが、慌てることなく
最後まで歌って弾くことができました~


いやーピアノってそういうことがあるんですね~
次からはハンカチをもってステージに上がらねば


友達も大きな事故はなく、無事に終了して
ほっとしてます(^-^)


スタンウェイの音は想像していたより落ち着いていました
私はなんだかんだ言ってKawaiの澄んだ(私にはそう感じます)音が一番好きですね
(電子ピアノでKawaiの音に慣れてしまったというのもあるんでしょうけど)



ピアノの試験は発表会形式で
自分の出番以外は聞いているのですが

トリを飾ったのがハンドベル部の友達でドビュッシーの「月の光」でした

彼女のピアノを聞くのは初めてだったのですが、
思わず…感動してしまいました。


彼女は本当に個性的なキャラクターで
自宅でハンドベルの練習をするのに、しゃもじを使うという強烈キャラなのですが(笑

音楽のセンスが…あるんですよね
それは、一年生のときから感じていて

リズム感、テンポ感、ベルの振り方、旋律の歌い方
理論とかそういう難しいことは分からないのに、感覚でそれをやってのけてしまうんですよね


以前から只者じゃないなと感じていたんですが
今日の試験で確信的になりました


彼女が最初の音を弾いた瞬間、会場の空気が変わった気がしました。
みんなが彼女の演奏に耳を傾けていて

他の人は、緊張とかで
「まちがえないように」「先生に言われたことを気をつけるように」という感じの演奏だったのですが

彼女はそんなことが演奏に全く出ていなくて
彼女自身が音楽を感じて、それを表現している。と言う感じでした


他にも、ショパン、メンデルスゾーンなど
難易度が高い曲をとても上手に弾いている人もいたんですけど

彼女の演奏が一番いいと感じました


彼女が弾き終えたときには
試験と言うより、彼女のリサイタルを聞きにきたかのような感覚になって

みんな思わず拍手。



本当に凄かった!!
思わず感動!!


密かに彼女のファンになったのでした(笑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。