フルートも吹くことになったので 



子供たちにバイオリンを披露することになりましたが


中学時代フルートをやっていたことを
聞きつけた上司が

「ぜひフルートも!!」


フルートの楽譜をまったく持っていなかったので

ヤマハで購入しました





フルート、社会人になって
一度も触っていませんでした


ひとまずどんなもんか
カルメンの間奏曲を吹いてみました






まず、息が吸えない!!
そして息が持たない!苦しい!!


さらに、あれほど得意だった低音がでない!!

ビブラートをいれる数を決めていなかったので
数もまばら。テンポ感もさだまらん


吹奏楽をやめて9年
フルートに触らなくなって4年


うーんキビシイ


曲候補としては、教科書にも出てくる
アルルの女メヌエットも考えていますが

あれも相当難しいので


もっと簡単な曲にしようか思案中




スポンサーサイト

ヴァイオリンが弾けない間は… 

ヴァイオリンは早くても12日まで修理から返ってこないのです

学校の楽器も、新入生が練習で使っているので
本当に練習ができない状態になってしまいました(汗

と…いうことで、
最近はフルートを吹いています(笑

正直ハワイで吹いた以来、全然触っていなかったので
音がちゃんとでるか不安だったんですが

思ってた以上に吹けました(よかったよかった)


しかし、フルートの楽譜って全然持っていないんですよね~


教本なんて使ってなかったし
フルート曲集みたいな本も持ってないしで

吹奏楽時代の楽譜は実家に置いてきてしまったので、
大学の図書館に行き、楽譜を調達してきました☆


なんかシリーズになっているやつで
「フルート名曲集?、?」や「ヴァイオリン名曲集?、?」「ヴァイオリンソナタ集?、?、?」とか色々
楽器だけじゃなくてオペラもありました
(ちなみにヴァイオリンの楽譜は非常に難しいので、借りても宝の持ち腐れになります…汗)



そこで一先ずフルート名曲集から、私の大好きな
ビゼー作曲「間奏曲―カルメンの3幕より」というのを選んできました

ビゼー「カルメン」~間奏曲. FL: マクサンス・ラリュー

とてもいいメロディですよね♪

そしてちょこっと吹いてみたんですけど…



ば…伴奏がほしい(汗


ピアノと掛け合いたい!!
私がオブリガート(副主旋律)吹いてるんだぜ!!と主張したい(笑


話がちょっとずれますけど
私は吹奏楽時代「オブリガート=副主旋律」と習ったんですけど
正しくは「オブリガート=助奏」だそうですね~

意味は一緒なのか?



話は戻って
この曲は、技術的に難しいところはないですけど(高音が音程よくでれば)
どれだけ歌うかが命ですね

さて、どう煮詰めていこうか…と
何気に燃えてきました(笑



いろいろ衝撃的だった…! 

フルート・ソロの本番を終えてきましたよ~☆

結局、東武百貨店では演奏せず(ほっと一安心)

大ホールのみの演奏になりました


大ホールの下手から見た感じ↓

ホール

いつも演奏するような多目的ホールでなくて
立派なコンサートホール!!


(……私…ここで演奏するの…?)


かなりの衝撃をうけました(汗



短い時間での簡単なリハーサル

handbell


ハンドベルの人たちって演奏旅行を国内・海外と積極的にやってるもんだから
舞台づくり、楽器の運搬、着替えからなにからなにまでテキパキ動いていて

オケ部も見習わなければなぁと思いました…


私のソロはプログラム8番目の「The Gift of Grace」(2:13~)
アメージンググレイスの編曲です

リハーサルではなんか物凄く息が吸えなくて音も滑らかでなく

きっと誰もが「…え?大丈夫なの…?」と思ったに違いない(汗


楽屋へ行くと、お弁当が用意されていました
でも18:30開演だというのに
お弁当にありつけたのは17:55!!

まだ着替えもメイクもしていないのに!!!

内心ハラハラ…
でもお腹はペコペコだったので、お弁当を誰よりも早く食べ終わり、しかも完食(爆

半分しか食べられないという、なんとも「女の子だなぁ…」と思ってしまう人もいたと言うのに
ガッツリ!!ロースとビーフにかぶりつきました(笑


そして、マッハで着替え・メイクを済ませました!
舞台に立つときは、勝負カラーのブルーで目を囲み、マスカラも3回塗って
めっちゃ濃くしました(これ位しないと、意味が無いので)


そして本番ですが…

超!!!
緊張しました…

いくら場数を踏んでも、この緊張はどうしようもならないんですよね~

いつもなら、ステージに立ってしまえば自然と「ほどよい緊張」に変わるのですが
今回は…

ステージに立っても緊張がやばくて(汗

でも!!
超笑顔でいました(笑


指揮の教授に向かって笑いかけ、

演奏前って普通お辞儀はしないと思うんですが(有名人の演奏でない限りあまり見ないような?)
客席には歯を出して一先ずお辞儀

演奏の中身ですけど、まぁまぁな感じだったと思います。

前回と同様に音程が途中で高くなってしまい(楽器が温まりすぎて)
超焦ったら、アーフタクトを入り忘れました…

でもあれです。
私、誤魔化しの女王ですから(爆
フルートは裏拍から入るのよ?こういう楽譜なんだから♪
って感じで、思いっきり四分音符アーフタクトを八分音符にして吹きました(汗


そして曲が一番盛り上がっていく一歩手前のフルートの3連符
あれは上手くいきました(ヤッター)

いかに3連符を機械的でなく音楽的に吹くかが要だったんですが
私…今まで3連符は「歌う」という表現のもと崩してきたので、
今になって正確な3連符がヴァイオリンで弾けない…というのはさておき

ミスがありましたが、なんとか無事に終わりました☆

コンサートホールなだけあって、自分の音の響きが全身で感じられて、良い経験になりました♪



そして片づけをしているとき、教授が…

「お前…この間、千住さんが弾いたカノンの第1バイオリン練習しておけ」

何故!?と問いかけると

私のヴァイオリンが使えそうなら演奏会でやりたいらしく
そしたら、フルートとヴァイオリンでそれぞれソロをやって

しししししかも!!

それをハワイでやるとのこと!!!!

えーー!!私、海外行ったことないし!
てかそもそも私よりヴァイオリン弾ける人一杯いるからーーーー!!!(汗


しょ……衝撃的…!!


まぁ、「私のヴァイオリンが使えたら」ということなので、今のところ可能性はかなり…
というか殆どないですが、

せっかくなので練習して人前で発表できるくらいまでにはなりたいです☆


今度こそ、本当のソロ(汗 

2ヶ月くらい前の記事でハンドベルと共演したという話をしましたが…

またしても演奏依頼が!!

同じ曲を演奏するということで、友達に予定を聞くと
「あぁ…その日は別のサークルの発表会が…」との返事なので

フルート2本での掛け合いもあるし、きっとハンドベルだけで演奏するんだろうなぁ…
と思っていたら

教授に、他に吹けるやつはいないのか?と聞かれ
「いません」ときっぱり言うと…


「じゃぁお前一人で吹け」


えぇぇぇぇぇ!!!!!


マジですかーー!?


確かにあの曲はフルートないと…寂しい感じだけど…


「わ…私……2ndやってたんですけど…(汗」


「吹けるだろ…?」


「………練習します」


こんな感じで、本気のソロを吹くことになりました(汗


しかも場所は
栃木県の那須野が原ハーモニーホールという…

めちゃめちゃ遠いではないかー!

私…帰ってこれるのか?

しかも…めちゃくちゃ良いホールじゃありません??

私こんな凄いところで吹いたこと無いよ~(泣

しかもお金とるんかい!!



大分怖気づいています…



噂によると…(本当に噂なので本当かどうかは分かりませんが)

東武デパート?でもクリスマスコンサートするみたいで
教授から「宇都宮に集合な」って言われているんですよね…

いやな予感がします(苦笑


舞台袖に立つと…… 

今日は…
ハンドベルとのコラボレーションの日でした!!

出番は一番最後なので
それまでは、いろんな団体の演奏を聴いていました☆

小学生のチームや(サザエさんとか演奏していた)
高校生・中学生のチームや(オペラ座の怪人を演奏していた…すごかった)
主婦が集まったママさんチームや(トトロやポニョを演奏していた)
他県からやってきた選抜チームや(チャルダッシュをやっていた…上手かったな)
世界を経験した大学生、OBチーム(新世界、こうもり……やばい凄かった)などなど

随分と大規模なハンドベルフェスタでした!


そしていよいよ出番が近づき…

てっきり、大学のベル部との合奏だと思ったら、
3部に演奏した7団体との合同チームでの合奏だったんですよ(汗

しかもソリスト扱いで(2人だけど)
指揮者の隣で吹きました!

こんな経験初めてです…

舞台袖に立つと
胸がドキーー!っとして緊張してきました(汗
緊張するとろくなことないので

落ち着こうと深呼吸するも
逆に胸のドキドキが激しくなり

(大丈夫!小学校から舞台に立って演奏してきたじゃない!場数はその辺の人より踏んでいるんだから!大丈夫、大丈夫!)

と自分を励まし、ようやく落ち着くと

舞台袖のスタッフ
「譜面台の高さはこれくらいでいいですか?」

と聞かれ、高さは大丈夫だったんですが
角度が横になり過ぎていたので、動かそうとしたら


キーーーーー!!


と高いEsの音が大音量で出まして…



やっちまった…


さび付いていたのに…なぜ私は無理に動かしたんだ…
舞台袖にいる私が演奏の妨げをしてしまいました(泣


もうそんなことが起こりようもんなら
心臓はバクバクでして…


緊張がピークに…


(ふふふ…緊張…?緊張ってなに?食えるの!?私が緊張するわけないじゃない…誰だと思ってるの?)

謎のオレ様になって、震える足を抱えながら集中していました(爆

それが幸を奏したのか
演奏が終わってからは、いろんな人に
「よかったよ~!」とか「堂々としていて凄かった!」
と言って貰えました(よかった、よかった)


みなさん…本番で緊張したら…
オレ様になってください(爆)

きっと成功しますよ(笑


あ…一つ心残りがありまして、
演奏の途中で楽器が温まりすぎて、音程が高くなってしまったんですね
±10くらいだったら口でコントロール出来るんですけど、
もう制御不能なくらいチューニングが高くなってしまい
4小節間ほど、和音が濁ってしまいました(汗

耳の肥えた人なら、きっと気分を害したに違いない(泣

愛嬌、愛嬌と寛大なお客さんが多かったらいいな…








そうそう…
携帯のSDを整理していたら
ヴァイオリン初めて10ヶ月のときの演奏が録音されたデータが残っていまして

ふと「これ…ブログに載せてみようかな…?」なんて思ったんですけど

やり方が分からないんですね(汗

携帯のボイスレコーダー機能を使っての録音だったので
ファイルの種類が「3GPP Movie」なのですが

みなさんどうやってブログに貼り付けてるんですかね…?
思いつくこと色々やってみたんですけど…

ダメなんですね~


ブログを使いこなせないです(泣


続きを読む