Archive

 2009年06月 

基礎練習3 

こんばんは~

今回の基礎練習はロングトーンと移弦について


ロングトーン…


これは、

右手が真っ直ぐ弾けているか

手首が柔軟に使えているか

弓を正しくキープしているか

音量は一定か

弓の速度は一定か

などなど…



気をつけることが沢山で私的に結構侮れないなぁと思うものです

これはもう…ひたすらやるしか………


4泊のロングトーン

3泊のロングトーン

2拍のロングトーン

飽きずに頑張ってください(汗


特に2拍のロングトーンは思っている以上に速く動かさないと


全弓使えないので


速いから気をつけるべきことが疎かになりがち…


すると上滑りしたり、弓がどっかに行きます(苦笑



そして今日のメインは移弦!

移弦がしっかり出来ると、曲の完成度がグンと上がります。


D線A線を行ったり来たりするものです。

最初は4分の4拍子のテンポゆっくり(60くらい)に設定して

① ダウンでD線を2拍(最初は中弓で、慣れたら全弓で)

② 2拍休む(3拍目に入った瞬間すぐに移弦し、A線を弾く準備を終えて4拍目を迎える)

③ アップでA線を2拍

④ 2拍休む


コツはロボットの如く素早くカクカクと移弦することです。

プロや上級者の演奏を見ると、とても素早くカクカクしています。


一度弓を止めて移弦することが出来ないと、なぁなぁになって速いパッセージが弾けないんだそうです。


テンポを変えたり、拍数を変えたり、

弓をアップ、ダウンの順番(あるいはダウンダウン、アップアップ)で弾いたりして

沢山のバリエーションを練習すると良いそうです



私はこの練習をやりまくって

バッハの「主よ人の望みの喜びよ」が弾けるようになりました

スポンサーサイト