Archive

 2009年07月 

ご無沙汰です 

いやはや…

学生の本分である勉強が忙しく

そう

この季節は前期試験が始まるのです(泣


今は、レポートや課題、バイトにヴァイオリンの練習が忙しくて…


ブログが更新できず…


実は今も勉強しなくてはいけないのですが

息抜きに(笑




さっきまで、今まで練習してきた曲
自分の演奏技術にどう働いたのかを考えていまして(笑



最初に練習したのは
スズキの教本にある「キラキラ星変奏曲」

この曲はとにかく全弓の練習になりました

音を汚くても良いから精一杯大きく、ボウイングに気をつけながら弾きました

弦のトレーナーから
「楽器壊すくらい大きく弾いて良いよ」と言われたのを覚えています(苦笑


そして今では、右手の練習になっています
スタッカートやスピックアートなど



次にやったのは
スズキの「キラキラ星変奏曲」に某大学の教授が作った
伴奏バージョンを弾きました

これは…半端なく難しかった

開放弦から始まる音階を練習していた時期だったのに
この譜面には5ポジから1ポジまでオクターブで下がったりと
16分音符でG線からE線まで移弦しまくったりと

明らかに出来るはずのない曲を練習させられました

この時期が本当に辛かった

何度か泣き見る感じでしたね(苦笑


練習し始めて3ヶ月

ようやく合奏できるようになったときの嬉しさは…えぇ…本当に…


そして次はL.アンダーソンの「Plink Plank Plunk!」をやりました

もうキラキラ星に比べたら…本当に信じられないくらい簡単に思えました(笑

全部ピッチカートでの演奏なので
右手の人差し指に水ぶくれが出来て
タコのように硬くなりました!

何回も皮がむけましたね~

この曲で、ピッチカートと左手の指回りがよくなりました☆


次はバッハ作曲の「主よ人の望みの喜びを」です

これは左手と右手の練習にかなりなりましたね~

移弦の連続ですし、ピッチの狂いが半端なく目立つので…

この曲で少し音の向上が見られました

移弦しながらの全弓は本当に大変です

少し3ポジも出てくるので


その次は、またしても
L.アンダーソンの「シンコペーテッド・クロック」です

これは…遊び感覚です(汗

しいて言うなら半音での移動や、リズム、サルタート、スラーなど
総合的に…ですね

正直あまり技術向上にはなりませんでした

でも合奏すると楽しい曲です


続いてはモーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」

いや~これはかなりヤバイ

3つの弦での重音、スピックアート、一弓スタッカート、トリル、2・3・4ポジ

未知の領域でした…

なぜ私がファースト?と疑問を抱かずにはいられませんでした


曲を表現するのも難しい(汗

「愛の歌と言われても…」って感じでした



そして、「アイネク」と平行して練習しているのが
マスネ作曲「タイスの瞑想曲」

これはもう、ビブラートの練習です

あと3ポジ以上の移動練習


どうしてもピッチが高くなりがちなんですよね…

ピッチが高すぎてピアノでは出せない音を出しまくりです(汗




はっ!!気が付いたら息抜きどころの分量ではなくなっていました(苦笑


れっ…レポートを終わらせなくては…



スポンサーサイト