スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴァイオリン弾くときって… 

なぞの「新しい弓が欲しい病」になりました(笑

きっかけとか、そんなものないんですよ~
急に欲しくなったのです(笑

でも、欲しくなったからって高価なものをそうポンポン買えるものではないので(^_^;
なんせ勤労学生ですから…

ハワイの旅費も稼がなくてはいけませんしね(大学からの助成を受けているとはいえ、やはり準備にお金は結構かかる)


明日から後期試験だと言うのに、教授からの召集を受け
「日本の歌研究会」というものに言ってきました

現役のソリスト・ピアニストたちが(そうじゃない人もいますが)ステージで歌い
講師を招いて、公開レッスンしてもらうというものでした

聞きにきている人たちも、声楽関係の人や
地域の合唱団に所属している人など

子どもの歌(小さい秋みつけたとか)を立派に声高らかに歌い上げていて「すご~い」と思っていると
講師の先生が「立派に歌いすぎ。子どもに聞かせる歌なんだから、まずテンポが速い。それじゃ子どもが歌えないよ」
そんな感じで、歌の世界の奥深さに触れてきました~

歌とヴァイオリンって関係なさそうなんですけど、
音楽の作り方という点に着目すれば、根っこで繋がっているんだな~と勉強になりました

教授のゼミをとっているので、これからは「日本の歌研究会」に必ず出席しなくてはいけなくなるので
最初は「めんどうだな…」って思っていたんですが、これからはちょっと楽しみです☆
教授のソリストとしての凄さを改めて思い知らされた日でした


その足で某激安店に行きハワイのための真っ赤なスーツケースを買ってきました~
なんでも、アメリカへ行くときにスーツケースに鍵をかけたまま出すと、検査のときに鍵を壊してでも中を確認することがあるみたいで(汗
なんでもTAS Lockと呼ばれる特殊な鍵ならば、大丈夫とのことで
めちゃ探し歩きましたよ~

しかも、空のでかいスーツケースを引きずって帰るのは以外にも大変でした(汗


テストは午後から…というか、夜なので(しかも1教科)
明日の午前中は、出来上がったパスポートを受け取りにいってきます~



バイオリンのブログなのに、バイオリンと関係ない記事になってしまいましたね(汗

ということで、今からバイオリンの話(爆


この間のハンドベルとの合わせで教授に
「前かがみになるな!普通背中をそらせて弾くんだろう!!」と言われ……

か…川井郁子さんのように弾けばいいんでしょうか…!?

http://www.youtube.com/watch?v=qcYR_JNwzDY

正直、背中を反らせると
移弦が出来ません(汗

それは私が猫背で弾いているからなのでしょうか…?(汗


というか
ほとんどのヴァイオリニストは、感情を込めて弾くとき前かがみになっているような気がするのですが…(特に弓をよくかえすような曲では)

トレーナーも激しく弾くときは、目を瞑って自分の音に集中して弾いているんですが…


それでも背中をそらせて16分・32分音符を弾かなくてはいけないのでしょうか…?(泣


教授は、表情も演奏表現法の一つだから「顔に影を作らない」という意味でも、下を向くなってことなんだと思うんですよね~
「弾けりゃ良いってもんじゃないんだよ」と言われました…

これちょっと悩み中です…



そして、表情で思い出しましたけど
私この間…集中&感情を込めすぎて、「はっ!」と気付いたとき…

アンネ=ゾフィー・ムターのように…

超しかめっ面になってました(爆

http://www.youtube.com/watch?v=3I3R1H6qujE

真剣になると目が怖くなることはあるんですが(というかいつも?…笑)
あんなに眉にぎゅっとシワをよせて弾いていたのは初めてでしたよ~


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。