スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初心に戻ってドミナント 

弦を替えました

オイドクサは物凄い良い音色で、魅力たっぷりですが
やっぱり5度の調弦にいまひとつ自身がもてなくて

練習はしているんですけどね~

さらに、温度差の激しい環境の中で演奏をする機会が
この年度末・初めは多いので

演奏中に調弦が変わりすぎて、冷や汗をかくことが多くなって…

ナイロン弦に戻すことにしました~


ピラストロ社の「オブリガート」「シノクサ」「エヴァピラッツィ」
トマスティーク社の「インフェルド青」「ヴィジョン」
ワーシャル社の「ブリリアント」などなど

気になる弦はいくつもあって
さらにトマスティーク社から新しくでた「ペーターインフェルド」も気になる弦の一つ


色々試すのもいいけど
ちょっと初心に戻ってみようかな?と思い

ザラついた感じが気に食わないと思っていた「ドミナント」に張り替えてみました

でも、いざ張ってみたら、ザラつきがもっとある弦も使ってきたし
発音の良さ、音量、扱いやすさなんかを考えたら
やっぱり良い弦だなぁって♪


そして、E線だけ「コレルリ アリアンス ヴィヴァーチェ」にしてみました

今までは、緊急時以外は全て同じ銘柄で張っていたんですが
初めて組み合わせてみました~

GDA線を「ドミナント」、E線を「ゴールドプラカット」にするのが王道って感じがしているなか
私はあえての「コレルリ」です(笑

でも、この組み合わせも多いようです(ネットの情報なので、本当かどうかは分かりませんが)


「コレルリ」のE線は、澄んでいる音色で、女性的な感じなんですよね
「ドミナント」は音量があるから、もう少しパワフルな感じがいいのかな?って思いました

悪くない組み合わせで、きっと好きな人もいると思いましたけど
私はパワフルに弾きたいので、今度は全弦インフェルドでいってみようかな~と思う次第です♪

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。