ホルストってスゴッ!! 


2週間ほど前の合奏で分かったことなんですけど

St. Pauls Suite Gustav Holst 1. Jig

セントポール組曲の1楽章で
練習番号8から19小節目

リンク先の演奏だったら2:20からの部分


ヴァイオリンが臨時記号たっぷりで
調号はなにもないC-Durなのに、演奏するメロディはFis-Durという(だから臨時記号たっぷりなんですけどね)


楽譜をよくみると
ヴァイオリンは8分の6拍子なのに
ヴィオラから下は4分の2拍子!!!

えー!!おんなじ場所を弾いているのに
パートによって拍子が違うなんてことがあるのかー!!

という驚きがありました…


だから変に惑わされちゃって
ヴァイオリンと低弦が合わないんですよね~


こんな曲つくっちゃうなんて
ホルストは凄いなぁ~

てか作曲しちゃうところからして、同じ人とは思えないですけどね(笑


ホルストって「惑星」のイメージが強くて
よくクラシックを聴く人じゃなければ、他にどんな曲を作曲しているのかも分からないものですが

なかなかいい曲を書いています☆


ホルストの諸作品を収録しているCDがこちらです↓

ホルスト

Gustav Holst: St Paul's Suite for string orchestra

スポンサーサイト