スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャー…… 




どうもご無沙汰してます


実はわたくし
11/1~11/26まで母校の小学校にて教育実習してます



ぜんぜん練習できないんですけど

音楽の授業で子供たちに
シンコペーテッド・クロックを弾いて見せたり

土日は大学にいってオケに顔だしたりと


なんとか、音楽に関わっていられてます



そんな中、昨日は市の音楽祭がありまして
後輩たちが、カプリオール組曲とプリンクを演奏しました



プリンクでは
バイオリンの背面を擦る部分で
2プルの表の人が、前の人をピコピコハンマーで叩きました(笑)

これ結構ウケていました(笑)



音楽祭が終われば
打ち上げで日付が変わるまでカラオケ

モーニング娘。のラブマシーンを躍りつきで
コンマスを除く全員が熱唱しましたw




すごく楽しい1日だったわけですが
ショックなことも…



私の相棒チャラ男は実は2代目なんですね
初代は友人から譲り受けたカルロジョルダーノVS-1

この初代は、今やオケの所有物というかんじになっていて
まぁ私も、使用者がいた方がいいと思ってるので
卒業したあとも、オケで使ってもらおうと思っている次第なんです


でも、私の手を離れることで楽器がダメージを負うのは許せないわけですよ
いくら高価な楽器じゃないとはいえ

楽器は楽器

というのが私の考えなのですが



音楽祭当日に
後輩が不注意で弓を落としまして…


弓の先端がポキッと…




いってしまったわけです



おれた瞬間は見てないのですが
ポキッといったその弓を見て
もう悲鳴あげて失神しそうになりました



初心者のうちって弓がうまく持てなかったり
長さがわからなくてぶつけることあると思うんです


私も恥ずかしながら落としたことあります
私が弓を折らなかったのは運が良かっただけで
弓をおっていたのは私だったかもしれないのですが



もう。つまり何が言いたいのかというと

ショックなんです。


楽器に対する考えの違いとか
アクシデント後の対応とか


今も、これからも
多くの人の手に触れられる立場にある楽器だからこそ
大切にしなきゃいけないと思うわけです


でないと、小さな傷が積み重なって
すごくボロボロになったり
取り返しのつかないことになったり

そういうの悲しい訳です。




スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。