ハワイでヴァイオリン 


喉があまりにも腫れたので
行きつけの内科に行ったら、扁桃腺が腫れていた模様。

鏡で喉を除いてみると
喉が腫れまくって、いつもの3分の1しか開いていませんでした!!


実は2週間前から痛かったと告白したら
美人女医に呆れられ、薬を処方されました~

なにやら5種類もの薬が…(汗

扁桃腺にいるバイ菌が扁桃腺以外のところにもまわってる可能性があるとかで
強めの薬だけど、効かなかったら大学病院に緊急でかかるように言われました。

あと大学は休んで、自宅で安静にしているようにとのこと。


えーー??そんな大事に!!?


確かに信じられないほど痛いけど、喉以外は至って健康
熱もまったくありません(笑



そんなこんなで
今日は大学(東キャンパス)で「日本のうた研究会」というのを参観した後
本キャンパスに戻って、ハワイための合奏をしてきました(医者の言いつけを守らなかった…汗)

ピッコロの合奏かな~?って思ってたら
合奏直前に、教授からハンドベル用の楽譜を渡されて

「お前これヴァイオリンで弾け」と…


いやいや!!
ハンドベル用の楽譜読めないから!
(ピアノで言うと6手連弾の楽譜を、一つの楽譜に同時に書き込んだ感じ。とにかく和音とリズムがたくさん混在している。)

いっぱい音あるけどどれ弾くのさ!!となりました(汗


一先ずヴァイオリンで演奏するのは
映画「天使にラヴソングを」で有名な「Oh Happy Day」です


ゴスペル歌手とのコラボ曲に私も乗っかるという企画っぽいです

今日は初見で、しかも見慣れない楽譜で
自分がどこ弾くのかも分かってない状況で、そのゴスペル歌手との合わせでした(大汗


いろいろ合わせた結果、
メインボーカルの後に続くところ(動画では合唱が歌っている部分)を
実際に書いてある譜面の1オクターブ上を演奏するという感じになりました。


3回転調するし、高音すぎて(6ポジくらい出てくる)
ポジション移動もたくさん


正直、


(えー??せんせーもっと早めに言ってくれないかなぁ…?)


と心の中で呟いてみました。


なんだかんだ言って
ハワイまで、あと2週間ですよ…?


去年のばりばりクラシックと違って
すこし砕けた曲なのがちょっとの救い。

でも、折角なので
ゴスペルっぽく楽しんで、内から出てくるビートや音楽を感じて弾けるように練習したいと思います



口では簡単に言ったけど大丈夫かしら。。。


一先ず歌ってみましょう!!



おぉ ハッピー デー!!!





スポンサーサイト

続きを読む