スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽器を響かせること 

ここ数日YouTubeを見てて


楽器の響きについて考えていました



YouTubeを見ていると


なにこの人…楽器がすごく響いてる
楽器全体が鳴っている
楽器本体だけじゃなく弓まで響いてるんじゃないの?


っていう演奏を見つけました



私がバイオリン弾くと

せいぜい表板が振動してるって感じで(^^;)





一度だけ、学生の時に教授から
「よく響いているな。いい音じゃないか」と誉められたことがありましたが


そのときは、本当にまぐれって感じで
次の日には元に戻っていました



覚えていることと言えば
その時はそんなに大きな音を出そうとガリガリ弾いたわけではないということ

弓が弦に吸いついているように
自然な弓運びができていたように感じた



他にも必要な技術があるんだろうけど全く分からん



ひとまず
楽器を響かせるには弦をよく押さえないといけないとも聞いたので
弦を押さえるときは指板を叩くイメージで

それからコジンマリ弾くと響かないとも聞いたのでみみっちくならないように気をつけています




そういえば、あのストラディバリウスって
響きにくい楽器だそうですね

鳴りにくいんだそうです


でも鳴ったときの音はピカイチ
キラキラした音がホールいっぱいに響き渡ると

千住真理子さんのデュランティを生で聞いたことありますが
本当に華やかな音でした。


良い楽器は鳴りやすい…というわけではなさそう

ということは、どんな楽器でも響かせる技術を身につけると怖いものなしですね



あー

なんかつまんない記事になっちゃいました…
ご覧いただいた方すみません(^^;)

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。