スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんとかレッスン行ってきた 



絶望的に忙しいです


今年は例年以上に忙しい


きっと、次はこれがある、今度はこれ、あれもやっとかないと

なんて、見通しが立っているから
すんごく忙しいんだと思う



体調を崩さないように
ギリギリのラインで仕事をこなし中です



それなので、はっきり言ってバイオリン触れない!!


だけど、レッスン行って来ました


お金を無駄にする覚悟です




カイザー24
合格しました


カイザー21
スタッカートがテヌートスタッカートのように聞こえる
弓の配分と弓の使い方を見直して
ゴーダのところをもう一度



ベートーベンガボット

テンポがはやすぎてダメでした
歩く速さで弾いたら

「ガボットは躍りの曲だよ。昔だからスカートも長いし、男性はハイヒールはいているし、そのテンポで踊ったら転ぶよ。ガボットは2拍目にジャンプする躍りだから、その辺もよく計算してテンポとフレーズを作っておいで。あと、呼吸が止まってるからね」



曲弾くのにそこまで考えてなかった~

大体YouTubeでどんな曲か聞いて、聞いた通りにさらって…


時代の生活、服装、文化まで考えるんですね!!

とりあえずガボットを歌いながらハイヒールはいて踊ってみます

そして2拍目にジャンプね







しかし、今日のレッスンでとんでもないことが判明



私、構え方が変!!


顎当てにほとんど顎が乗っておらず
ほぼテールピースに顎が乗っている!!


先生からの指摘で判明しました



本来の位置に構えると

ずり落ちるずり落ちる



テールピースに顎が乗ると響きが止まったり
下手したら楽器に障害が出ちゃったりなんだりで

よくないんだそうです



テールピースの上にちょうど来る顎当てに交換するのも一つの手だけど

下手したら響きがなくなっちゃう可能性もあるんだとか
だから賭けな部分があるんだと…




うーん


とりあえず、先生に色々見てもらった結果
肩当てを交換してもいいかもとのこと


鎖骨辺りが華奢だから高さのある肩当て

Wolfの肩当てを勧められました








画像は、I Love StringsさんのHPより引用しました



ひとまず、道具を変えるより前に
正しい顎の位置で弾けるように頑張ってみます



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。