スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーケストラピットを作ってきた☆ 

今日は必修の授業が2~5限までびっしり入っていて、
18時から大ホールにオーケストラピットを作りに行かなくてはいけなくて

時間には間に合わないので、遅れていったのですが

ホールに入るやいなや、見覚えのある人たちが客席を外していまして

なんとオペラには全然関係の無いハンドベルの人たちが中心になってピットをつくっていたんですね!!

ハンドベルの顧問と、オケの顧問、そして今回のオペラの総監督が同一人物という事で
その教授の息のかかっている団体は、人手が足りないときはお互い様という感じになっています

本当にハンドベルの方ありがとうございました☆

話が脱線しますが、
オーケストラピットのことを「オケピ」と略してみんな言っているのですが
「オケピ」と聞くと…

動物の「オカピ」が思い浮かぶのは私だけでしょうか…?

可愛いですよね…オカピ(笑


話は戻って
客席を取り終わると、今度は床板とそれを支えている柱やらなんやらを外していくのですが

最近のホールはボタン一つでウィーンと下がっていくと聞いていたのに
このホールは…すべて手動(汗

結構な重労働でした…

そして外した客席や床板なんかは奈落(ならく)にしまうのですが

今回…初めてリフトに乗って奈落に入りました

舞台の中央2箇所に大小と奈落に下りるリフトがあるのですが
そのリフト…下がり始めるときは何の音も揺れもなく
「なんだ…こんなものか」と思ったのですが

奈落に着いた瞬間…
ウィーーン…ガシャン!!ぐぉぐぉぐぉ…
と凄い音が出て…
めっちゃ焦りました(汗

上を見ると、誰も奈落に落ちてこないように金網が天井を塞いでいまして
「と…閉じ込められた…」
とちょっと心細くなりました(爆

そうして何度かに分けて客席を全て奈落に運び終わると
今度はオペラで使う大道具、小道具を奈落から舞台の方に運び出しまして

これが一番きつかったです(汗

オペラは縁結びのご利益のある木が出てくるのですが
その木のパネルが物凄くでかくて(しめ縄を回すくらいリアルに大きなパネルでした)
一応3分割にはなっているんですが、本当に重くて(汗
それでいて薄いので、ちょっとでもバランス崩そうものなら

ぶぁきぃ…!!!

と折ってしまいそうでした…


後輩が、この間の楽器運搬で手を傷めてしまったので
「今日でまた悪化させたら平手打ちするからね!ちゃんと気をつけること」
と、力仕事を率先してやっていたら

私が両腕筋肉痛になるというアホなことになってしまいました(笑


あぁ~痛い…


そうそう!
奈落で思い出しましたけど、
よく「奈落の底に突き落とされる」と使いますが
これって歌舞伎からきた言葉だそうです☆
なんでも、昔は暗くてじめじめしていて地獄のようだったから
地獄と言う意味の「奈落」という名前になったそうです

実際の奈落は、全然地獄ではなく
普通に物置っぽかったです(笑

とまぁこんな感じで
今日は練習ナシです!

練習…したかった…(泣


スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://stringorchestra.blog47.fc2.com/tb.php/102-103c65fe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。