オペラ演奏記録~最終章~ 


今、話題の映画のだめのサブタイトルにかぶせてみました(笑

12月13日にオペラが終わりましたよ~

まず結論から言うと
オペラ自体は成功に終わったと思います☆

1階だけでなく2階まで立見席が出て、お客さんの反応も上々でした♪

さて、オペラの内容をお話すると
全三幕にて構成されていまして

地元の歴史に根ざした和もののお話でした
1・2幕では、歴史に名を残したある女性に焦点を当てており(平安~鎌倉幕府成立くらいの時代)
3幕では江戸時代に移り、ある男女のロマンスを描いていました。

全体の流れとしては
お互いに惹かれあいながらも、家の事情により、別れを選んだ二人でしたが
時代は移り、同じように惹かれあっている2人がいましたが
家の事情により引き裂かれそうになるのですが、街の人たちが機転を聞かせて
最終的に2人は公認の仲になるというお話です

そして最後には「ふるさと」と名前のつく大合唱によって
フィナーレを迎えるようになっています

この「ふるさと」ですが…
本当に良い曲なんですよ~

こんなに綺麗なメロディと、あのふるさとを思う歌詞が…
オーケストラも一番の盛り上がりで…

カーテンコールのあとは、キャストだけでもう一度歌ってました☆

ただ、2幕の途中でハプニングが起きまして
出演者の一人が骨折してしまいました(汗

突然、ガタン!と大きな音がして驚いたんですが
後から聞いた話だと、ふ…粉砕骨折だったみたいで…

それでもセリフはきちんと言っていて…

本当に歌い手さんたちからは
「絶対にこの舞台を成功させるんだ!!」という強い思いが伝わってきて
演奏している私としても、とても気持ちが良かったです

ただ、それだけいろんな人の思いがあるだけに
自分の力の無さが申し訳なく感じました

普通はこんな大きな舞台のあとは、達成感と虚しさが出てくると思うのですが
もっともっと勉強して、作者の思い、自分が伝えたいことが表現できるようになりたいと思いました

今回のオペラは本当に勉強になりました!
オペラやる前と、終えた後では
自分のレベルが全然違いますし、音楽的なことはもちろんなんですが
本当にいろいろなことが学べました☆

ちなみに、このオペラが見たい人は
また今度やるのは5年後かな?
その第3回目の公演を見に来るか、DVDが出来るそうなのでそれを見るかのどちらかみたいです(笑

指揮者曰く、
「終わってこんなに幸福になれる作品はそう無い」そうなので
素晴らしい作品に出会えてよかったです☆


スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://stringorchestra.blog47.fc2.com/tb.php/104-d828486a