スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肩当なしで弾いてみた… 

昨日、真夜中に「弓ってどんなのがあるんだろ…アルシェと…名弓サルトリーしか知らんな~」
と思って、弓に付いてネットで検索してみると

ヴァイオリンがわかるというサイトを見つけました

このサイトは他の人のブログでも、ちょくちょく名前が上がってはいたんですが
実際に見るのはこの日が初めて

クリックしてみると「肩当無しを試してみては?」というページを見つけまして

この記事を見る限り、そんなにいいなら…
「こりゃ試してみようか!」と思いまして…



私、ヴァイオリンを始める前、部長やメンバーとともに楽器店で
ヴァイオリンの試奏をしたのですが
(当時、私はフルート奏者としてサークルに所属していて、ヴァイオリンを始める友達がヴァイオリンを買おうか迷っていたところに乱入して、遊びで試奏しました)

そのときに
肩当という存在を知らず、部長の見よう見まねで肩当なしでヴァイオリンを構えたことがあったんですね~


だから、肩当なしでも弾けるんじゃないか!?と思い


今日の練習では肩当なしでやりました☆


ヴァイオリンを直に鎖骨の上に乗せるのは
何気に痛くて(汗

クロスを1枚挟んで構えたところ…

(あれ?思っていた以上に滑らず…以外にも普通かも?)

1stポジションは特に苦しむことはなく、スケールができました


3rdポジションも使ってみようと思い、ポジション移動すると…

(あれ?……以外にも普通?)

とくにヴァイオリンがずれる事もなく、ちゃんと移動できました
力で挟み込むような感覚もなく、思いのほかリラックスして弾けました…


私はもともと、肩当は低くして使っていました
構えたときにヴァイオリンの背面と肩当が当たらない程度(私の肩当はしなるので)

それでも、着ている服によっては高く感じてしまい(セーターとか)
ちょっと嫌だな~なんて思っていたんですね

だから、肩当なしでも「うわっ!低い!!」とはならずに済みました


ただ、ヴィブラート…

これだけは上手くいかないですね(汗

ヴィブラートのかけ方がよくないんでしょうね…

ヴァイオリンがずれるか、ヴィブラートがかかりません(汗

練習していれば、そのうちできるようになりますかね(笑


音の違いについては…

弓が……自分のではないので
比べられません(汗

もっと振動が体に伝わるのかと思ったんですが、あんまり鳴らすことが出来なかったので…


肩当無しで弾くことのメリットが今のところ見つかりません
音色や響きは弓が違うので比較できないし…

でもあれです!!
肩当無しだと、姿勢の悪さが直ぐ分かります!!

少しでも猫背になろうものなら、ヴァイオリンがズリっとずれます(驚

こりゃ姿勢を矯正するのにいいかな~と
当初の目的とはズレまくっている私でした(笑






スポンサーサイト

Comments

こんにちは。
プロの女性バイオリニストは、演奏会ではドレスを着て肩を露出するので、これで肩当てをすると、鎖骨に当たって痛くて堪らんということで(鎖骨が真っ赤になっているのを時々見ます)、肩当て無しにすることがあるようです。ムターは使っていませんし、ヒラリー・ハーンは割りと厚めのガーゼかタオル地のようなものを当ててますし、矢野玲子さんは底板にゴム板みたいなものが付いていました。人によって工夫は様々なようです。
今回お気づきになったように、たまに肩当てを外して練習してみると、いろいろ発見があります。私は深夜に消音器をつけて練習する時には、肩当てを外して練習しています。ついでに、顎で挟むのもやめると、正しい親指の位置や肘の位置も分かるようになります(正しい位置を取らないと、バランスが取れずに楽器が支えられなくなるので)。
ビブラートがかからなくなるのは、指の関節が充分に柔らかくないために、ビブラートのための腕の動きを指で吸収しきれず楽器が揺れてしまうのが、肩当てがないために支えきれない、ということではないかと思います。指の関節の柔軟性を問われることなんて他ではないので、ビブラートに必要なだけの柔軟性を初めから備えている人はまずいないようです。

pizzicato→プロムナード→遊歩道より

ノリコさん、明日はフルート"ソロ"の本番ですよね。
頑張ってください!(^-^)/

一度だけ学校の先生がヴァイオリンを貸してくれたことがあります。それに肩当が無かったんですね。滑って落ちそうだったので、すぐにお返ししました(爆)。

ところで、すみません、pizzicatoの変換があまりに面倒なので、遊歩道と名前を変えちゃいました(≧∇≦)

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます♪
ゴム板ですか!いろいろな工夫があるのですね!!
指や肘が正しい位置に来ないとバランスが取れないというのは今日の練習でよく分かりました
楽して、肘を外側に逃がしてしまったり、右腕の肘が上がってしまうと、不安定になるんですね…
今日、肩当をつけて弾いてみたら、楽器の位置に物凄い違和感を感じました
これからは肩当をつけない方向で練習してみようと思います☆

Re: pizzicato→プロムナード→遊歩道より

> ノリコさん、明日はフルート"ソロ"の本番ですよね。
> 頑張ってください!(^-^)/
そうなんですよー!!本当に時間が経つのは早くて…困ります(汗
とにかく頑張りますね♪
聞いてくれる人に綺麗な旋律を届けたいと思います☆

> 一度だけ学校の先生がヴァイオリンを貸してくれたことがあります。それに肩当が無かったんですね。滑って落ちそうだったので、すぐにお返ししました(爆)。
あはは(笑
直ぐに返しちゃう気持ち分かります(^-^)b
初めて構えるのに肩当てないのは非常にしんどいですよね(汗
私は…奇跡でした(笑

> ところで、すみません、pizzicatoの変換があまりに面倒なので、遊歩道と名前を変えちゃいました(≧∇≦)
おぉ(笑
じゃぁこれからは遊歩道さんですね♪

確かに……変換が楽です(爆

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://stringorchestra.blog47.fc2.com/tb.php/108-46461546

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。