バイオリンは体力勝負だ…(汗 

昨日宣言した「13:10~20:00までひたすらカノン大作戦!!」ですけど

これ…さすがに無謀でしたね(汗

体力が…持ちませんでした

後半は疲れが出てきて、右手と左手が連動していないという…グダグダ感たっぷりでした



カノンでの私の課題ですけど
1.音程(特にポジション移動)
2.移弦(ハッキリした音で弾くこと)
3.音質(弓の配分・ビブラート含む)
4.音楽的表現(フレーズ)

なんか書き出してみたら、全部じゃないか…?と(汗


音程は、千住真理子さんの演奏を聞いて耳で覚え、細かいところはチューナーのお世話になり
ポジション移動での音程は、篠崎3巻を使ってひたすら3rdへの移動をやっていました

テンポゆっくりでの移動は結構できるんですが、どうも素早くやるのは大変です
同じ弦でのポジション移動は出来るのに、隣の弦になった瞬間に音程が…(汗


移弦については、副教材としてスズキ1巻に出てくる「むきゅうどう」と「習作」をやりまくりました
ただ、これもよく聞くと移弦しきれていない…?
一つ一つ確実に出来るように、1小節ごとに区切って練習しました
実はこれやるだけで、大分弾ける度合いが変わりますよね~

ぜひとも、「弾けないー!!」と思うところがあれば1小節ごと、あるいは、1拍ごとに区切って練習することをお勧めします☆


音質については……どうも弓ですよね~(汗

音量を出さなくてはいけないのだから、弓を寝かせてはいけない…
ガリガリ音になるから、弓の重心近くで返してはいけないと言ったら…何度わかるんだーー!!!
と自分にキレました(笑

言われたことをちゃんとやらないから、弓が滑ってハッキリしない音が出るんじゃないかーもう!!(怒

って感じで練習してました(笑



短い音符にもビブラートをかける練習をしました
といっても、ただゆっくりのテンポに確実に細かくかけていくっていう地味な練習ですが

私は親指の位置が悪いから、変に力が入ってビブラートが上手くいかないのです
親指の位置を治せば綺麗にかかるんですよね~

悪いところが分かっているから後は意識の問題です。
頭よ…働けぇ~~と呪文を唱えました(笑


テンポ上げると、からっきし出来ないので
ゆっくりで確実に正確にビブラートがかかるまで練習したいと思います



音楽的表現…
これなかなか小難しいですよね

フレーズを感じるまでは良いんですが、それを表現しきれているかといえば…否です
山は分かっていて、そこに入るととたんに右手が力んで裏返ります(汗

力が必要なのはどちらかというと左手なんですよね~
しっかり一点で押さえて、ビブラートを華やかにかければ
フレーズの山は作れるんですけどね…頭で分かっていても…体がね…(汗



そんな課題を抱えて「あぁ…まじ疲れた~帰りたい…」と呟いたところに

教授が登場!!!
「18:30からカノンやるぞ」


ええぇぇぇ!!!マジすかー!?

早速、この間のレッスンと練習の成果が試されるという…(大汗


1回目をあわせ終わると
「う~ん…。いいもの持ってるんだけどね~頑張って欲しいところもある」

やっぱりハッキリした音に欠けるのと、姿勢が前のめりになってよくないとのこと
あと音程と…音量…?

というか、いいところってどんなところですか!?超不思議です


もう1回あわせることになり
1回目が終わった後かなりの疲労感だったのに2回目はかなりしんどかったです

2回目が終わったら息が切れまして(汗


その後すぐさまフルートの合わせに!!

もう…疲れました~~
音楽って知恵も体力使うんですね~


強く弦を押さえるために、指板を叩くように指を動かしていたら
指先が真っ黒になり、指の先端が赤くふやけていました…

これから硬くなって、ぺリっと皮が剥けるんだろうな~と思いながら帰りました☆




スポンサーサイト

Comments

シフティング&移弦

こんにちは。
1.「シフティング&移弦」
シフティングして、肘の位置を変えずに低い方の弦を弾くと音程は低目に、高い方の弦を弾くと高目になる傾向があるようです。この辺は指の角度との兼ね合いもあり、まだ研究中です。
2.「短い音符のビブラート」
長い音符と違い、即ビブラートが掛からないと時間切れになってしまいます。また痙攣ビブラートになってしまうと効果半減。深く速いビブラートをするためには掌全体が楽な感じになっていないと反応できないように感じます。1の指だと、爪がかなりこちら側を向いた方向になっていて、寝かせ気味になっていて、更に肘が掌が一番楽になる位置にある時に瞬時の反応ができるような感じがします。ファーストポジションの1を♭で取る時(B♭)(これもビブラートは掛け難い)も同じ難しさがあるように思います。弦を強く押さえてしまうと、この瞬間ビブラートはうまく行かないようにも思います。これも実験中。

Re: シフティング&移弦

To: ひらりんさん
> こんにちは。
こんにちはー!!!

> 1.「シフティング&移弦」
指の角度との兼ね合いですかー(汗
これはもう経験積むしかないですよね~…練習・研修・研究を頑張って早めに習得したいです(かなり時間かかるかも…汗)

> 2.「短い音符のビブラート」
> また痙攣ビブラートになってしまうと効果半減。
そうなんですよー!この痙攣ビブラートが厄介者!!
「力入りすぎなんじゃー!!」とキレながら練習してます(笑

>弦を強く押さえてしまうと、この瞬間ビブラートはうまく行かないようにも思います。
そうそう、それ私も感じてました~!でも、軽く押さえてのビブラートだと力強さに欠けてしまって…
トレーナーは、見た感じとても強く押さえている模様なんですがビブラート綺麗なんですよね~
ちゃんと面じゃなくて点で弦を押さえていれば力強い音でビブラートもかかるのかな?と思い、今は弦の押さえ方を調整中です

ひらりんさんとても研究熱心です!凄い!!
いつもアドバイスしてくれて、とても助かってます☆いつもありがとうございます♪

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://stringorchestra.blog47.fc2.com/tb.php/121-2b27bc88