スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふりだしに戻らなかった…!? 

今日はハワイのための個人レッスンを受けてきました~

私はテストが終わったんですが、人によっては今日もテストの人がいて
学校は使えないんですわー

ということで、ご近所でもあるのでトレーナー宅(教授宅でもある)でのレッスンになりました~

ところが今日は北風ビュービューだったじゃないですか…
ただ自転車こいでいるだけなのに目にゴミが入って(汗

メガネをゴーグル代わりにしてみたら
メガネの内側が吹き溜まりみたいになって、トレーナー宅に着く頃には涙で化粧のほとんどが落ちてました(笑

しかも道間違えるし(汗


そして、レッスンに突入~

一先ず、トレーナーに聞かせると
「うん…大体いいけどね」と

1.一つ一つ丁寧に弾いていて良いんだけど、フレーズを大きく捕らえる。とらえないと、メロディにつながりが生まれず、幼稚園生の演奏になってしまう
2.もう少し弓を使うこと(狭い部屋ならいいけど、音量が必要なため)
3.左手の指によって圧力が違うから(特に1の指)音がひ弱に聞こえる
4.弓元での返しがぎこちなくて音が途切れてしまう。指をもっと柔軟に
5.短い音をもう少し大切に弾くと良い
6.欲を言えば、もう少しビブラートがほしい

こんな指示が…

てかこれだけ指示されて「大体いい」なの?

心配していた音程ですが、ビックリするくらいいつも通りで
昨日の不甲斐なさ具合はどこ吹く風やら…

体ってちゃんと覚えているんですね
音程を不安がっていたときは不安定でしたが、曲に集中したら元に戻りました

人間って集中力がものいうなぁとつくづく思った時でした~


今回のレッスンは本当に細かいところ
微妙なニュアンスの設定に、私の詰めが甘いところの指摘を受けながら

「いい音」での演奏を中心に教わりました

なんでも、一瞬だけ出るそうです(笑

無意識に何かをしているんでしょうね~

それを「無意識」から「意識」の部分に持ってこなくてはいけないのですが
自分の出している音に良し悪しが付けられないんですよ~(汗

どんな音が「いい音」なのか分からないうちはダメですよね
分からないで出来ても、次また出来るって訳じゃないですし…

これから「いい音」探しの旅ですね(笑


そして午後は大学でハンドベルとの合わせに

合わせた結果…

教授から
「もっとエネルギッシュに弾かないとつまらないよ。多少雑でもエネルギーがないと面白くない。日本人的になっちゃだめだ」


ガーン……


このときは、いつもより上手に弾けたんですけど
それだけじゃダメだってことですね~

いつか千住真理子さんの言っていた「上手で留まって欲しくない」ってことですよね


むむむ…

トレーナーも教授も…

親子揃ってレベル高いなぁ…(汗

正直アップアップですわ(汗


スポンサーサイト

Comments

レッスンお疲れ様でした^^

コメント返信ありがとうございました
いつかペグで調節できるようになりたいです!

ハンドベルと共演ですか~
羨ましいです!
誰かと合わせるっていいですよね^^

あとスパルタ先生好きですよ!
なんか燃えます(笑)
トレーナーさんをギャフンと言わせられるよう、お互い練習頑張りましょう!

Re: タイトルなし

> レッスンお疲れ様でした^^
ありがとうございます☆

> コメント返信ありがとうございました
> いつかペグで調節できるようになりたいです!
やっていれば、必ず出来るようになりますよ~
後輩も全部の弦にアジャスターが付いてましたが、ペグで調弦できるようになるためにE線以外を外してペグで頑張っています♪

> ハンドベルと共演ですか~
> 羨ましいです!
> 誰かと合わせるっていいですよね^^
はい!アンサンブルは楽しいですよね~♪
でも、我が大学のハンドベルは世界大会出ちゃうレベルなのでついて行くので必死なのです(汗

> あとスパルタ先生好きですよ!
> なんか燃えます(笑)
> トレーナーさんをギャフンと言わせられるよう、お互い練習頑張りましょう!
まじですかー!!好きですかー!!!(驚
とかいう私も結構好きです(爆
はい!!いつかギャフンと言わせたいです!!頑張りましょう☆

旅行の準備(直前編)

こんにちは。
演奏中に弦が切れた時のための予備の楽器なんてないでしょうし、少人数では舞台の袖に引っ込むことも出来ないでしょうから、そうなると、その場で弦を張り替えることになります。切れるとしたら、AとEでしょうから、予備の弦も譜面台の裏に入れておくのも一案です(厄除けのお守りとして)。

空港では、航空会社のカウンターでチェックインした後、出国審査の前に荷物検査があります。この時には、パソコンと化粧品のような液体は、機内持込みのバックから出して、トレイに載せなければなりません。液体類はファスナーの付いたビニール袋に入れることになっていますが、適当なものが無ければ、とにかく中が見える透明な袋に入れておけば別に何も言われません。コートや上着も脱いでトレイに載せます。この時、パスポートやチケットまでトレイに載せてしまわないようにしましょう。

楽器に万一のトラブルがあった場合には、楽器屋さんに駆け込まなければなりませんが、調べてみても、弦楽器はウクレレ屋さんばかりで、バイオリンを扱っているところが見つかりません。そんな中で下記はヤマハの代理店のようなので、相談すれば何か教えて貰えるかも知れません(これもお守り代わりの情報です)。
ABC MUSIC INC.
1031 Auahi St., Honolulu, HI 96814
(808) 593-2575

米国のホテルでは、ほとんど無線LANが使えますが、ハワイはリゾートなのでどうかな。
高級ホテルでは有料(1日2000円ぐらい)、チェーンのホテルだと無料(カウンターでパスワードを貰う)です。

Re: 旅行の準備(直前編)

あぁ…弦の心配をしなくてはいけないのが弦楽器の厄介なところですね(弦だけじゃないですけど)

フルートは急なトラブルなんてほとんどと言っていいほど起きないので…

ナイロン弦がケースを開けたら切れていたなんてことは経験がないので、正直危機感が全然ないんですが、予備の弦は必ずそばに置いておこうと思います!!

空港ではジップ○ックが必須なのですね!!早速台所から引っ張り出して手荷物に忍ばせました☆

楽器屋さんの連絡先もメモしました!


ホテルでPCが使えたら、ブログの更新もリアルタイムで出来ますね~
ちょっと調べてみます!

もう、いつも本当にありがとうございます!!


Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://stringorchestra.blog47.fc2.com/tb.php/125-49a862d2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。