スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基礎練習2 

予告したとおり
第2回目は弓を真っ直ぐ弾くための運動

名前は…

ありません(笑)


さっそく本題へ


1.まず楽器を構え、元弓でキープします。(A・Dどちらでも可)

この時、手首が折れ曲がっていて、右手の親指・小指が曲がっているか確認する。


2.一度、弦から弓を離して素早く弓先まで動かして、ピタッと弦に当てます

音が鳴らないように注意して、弦に弓を当てるときはゆっくり、移動するときは出来るだけ素早くやります。
手首の動きを意識して、弓と駒が平行になっているか気をつけてください。


3.同じように元弓に戻ってきます

弓先のときは指が伸びますが、元弓のときは丸まって手首が一番上に来るようにします。
慣れないうちは、ゆっくりでも構いませんが、自分が思っている以上に速くやる事を心がけてください。

テンポを60に設定して
1.元弓 2.弓先 3.元弓 4.弓先 1.…

これくらいの速さで出来るといい感じです☆



この運動をするときは必ずと言っていいほど
弓が跳ねます(汗)


特に弓先が…


跳ねないように、弦に付けるときはゆっくり注意深く

しかし、移動は本当に速くしないとテンポに乗れなくなります


あと、音は鳴らないように!


元弓、弓先にピタッと当てて、

さらに手首が柔軟になるための運動なので。


これをやる前とやった後では

全弓でロングトーンをした時の手首の柔軟さがとても違います

さらに、しっかりとした音になりやすいです。


手首、指が柔らかく
しっかり使えるようになれば自然と真っ直ぐ弾ける様になるので



そうそう…
余談ですが

よく弓を真っ直ぐ弾かないプロもいて
真っ直ぐ弾くことにこだわらなくても良いという事をよく聞くのですが…

そんなこと無いと私は思うのです

そういう奏法もあるのかも知れませんが

出来ないのと、やらないのでは違いますし

弓が真っ直ぐでないと表現に限界があると思うのです…


自分の可能性に限界を作らないためにも、真っ直ぐ弾くことは大切なんじゃないかなぁ…





次回の予告

全弓を使ったロングトーンと移弦について

準備運動は今日で終わりです(笑)

スポンサーサイト

Comments

No title

弓を真っ直ぐに動かすというのは
確かに大事なことですが、
楽器の駒のカーブの角度などによっては
真っ直ぐ弾くのが良くない場合もあります。

一応ご参考まで・・・。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://stringorchestra.blog47.fc2.com/tb.php/13-a226e3f2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。