スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソロとは勝手が違うなぁ~ 

最近ブログを更新しなさ過ぎてヤバイです…
ホントゴメンナサイ(汗

さて、今までは自分の演奏活動について書いてきましたが
今日はオケ部(String Orchestra)のお話

前々から新入生勧誘のために
情熱大陸、カノン、Plink Plank Plunk、アイネクを練習して合奏しているわけです

情熱大陸、アイネクはコンマスがトップをやってくれているのですが
ソロで何度も演奏してきたカノンや、去年の今頃めちゃくちゃ練習していたPlinkは私がトップをやることに

カノンは本来、通奏低音(チェロ・チェンバロ)とヴァイオリン3本でやる曲ですけど
オケ部はヴァイオリン4人、ヴィオラ1人(実はもう一人入部したのですがカノンに参加するかは不明)、チェロ1人なので
ヴァイオリン3本はメロディを、チェロは伴奏を、残りのヴァイオリン・ヴィオラはコードをピッチカートで演奏することに

このピッチカートがちゃんとハモっていて綺麗なんですよね♪

でもぶっちゃけメロディの以外は2小節間をエンドレスですから、めっちゃつまらないですね(笑
その癖、テンポ感とか曲の雰囲気を決めるのは最初の2小節間の伴奏ですし…
何気に重要


そして今日はトレーナーのレッスンでした
とりあえず一曲通して聞かせたら

1.ピッチカートの性能がよくない
2.弓が止まってフレーズが切れて聞こえる
3.弓のスピードが各パートバラバラ
4.音量のバランス
5.ビブラートが少ないから古楽器みたい

1のピッチカートのついては
指先だけで弾いているのを見たトレーナーは
「ボウフラみたい。チーム・ボウフラ」と伴奏組みをそう名づけていました(笑

じゃぁメロディ組は?と聞くと部長が「チーム・モスキート?笑」
「なんかボウフラとモスキートって…イヤだね(爆」って笑いあいました

ピッチカートは指がグニグニ動いてしまうと音量も出ないし、か弱く、いい音が出ないそうです
少しは反動で動くものの、基本的に第一関節は動かさないように
ポイントは親指を人差し指の第一関節に添えてやると良いとのことです(まぁ要は動かなければいいので親指は添えなくてもいいみたいですが)

2の弓が止まるというのは
手首、指弓というやつですね~(汗
少しずつですが、指が使えるようになってきたのですが
やっぱり、ふとした時に柔らかく使えなくて弓元・弓先で音が切れてしまいます
弓元では中指・薬指を柔軟に、弓先では圧力が抜けてしまわないように気をつけたいです

3の弓のスピードですが
これは個人の癖とかがでますからね(汗
一定のスピードで弾ける練習を頑張ります。
私はついつい中弓で音が膨らんでしまうので…我慢です!

4の音量のバランスですが
これはちょっと難しいです(汗
重奏してるよ~、同じメロディだよ~、かけ合ってるよ~
って分かるようにしなくてはいけなく

綺麗なメロディだから「ここ聴いて~!」って感じで弾くと他のパートを邪魔してバランスが崩れるという
ソロのときは「自分が主役です!どう?綺麗なメロディでしょー!?」って感じでしたけど(笑

5のビブラートですけど
コンマス、部長以外はイマイチビブラートが上手くいかない組でして(汗
私は「あと2回多くビブラートして」と…

一体どういうこと!?と聞くと
ビブラートは次の音まで掛けているものだけど、次の音になる瞬間にビブラートが止まるそうです…
全く気付かなかったー!!確かに止まってるーーー!!
だって止まらないと次の音の発音が…音程が…不安なのです
ビブラートに集中すると弓が止まるという(汗
不器用っていやになりますね~


後、トレーナーから痛いところを突かれました(汗
「まず癖として、2の指がつぶれる」
はい。実は分かっていました…
さらに2だけじゃなくて、3も潰れることを自白すると「3も!?2と3は一番強いはずなんだけど!?」
一番つぶれにくそうな指が潰れるって…。

直さなきゃなぁと思いつつ、なかなかそれに取り組まなかったのです~(汗
ちゃんと練習しよう


しかし、今日ビックリしたのは
最初の通しが終わったときトレーナーに
「なんかハワイから帰ってきたら上手くなったね」


エエエェェェェェェェエエ…!!!←心の声です


確かに音は大きくなったけど、上手くなったのか!?
いやいやまさかそんな~
きっと弦のお陰でしょ!

とか色々と心の中で言い訳しました

素直に喜べばいいんですが、私…超ひねくれ者で(汗
なんか、その言葉に満足してしまうのが怖いんですね

褒められなれていないだけに、褒められると「それで十分だよ」と言われているみたいで(絶対にそんなことないってわかってはいるのですが)
どうしていいか分からなくなっちゃいます(^_^;


一先ずカノンと
ラテン調でなく、どっかのジャングルの奥地みたいに聞こえる情熱大陸をなんとかしようと思います(笑



【追記】

実は20日に大学の卒業式があるのですが
毎年ハンドベルが演奏するんですね~

なんと副理事長からのリクエストでカノンをやって欲しいとのこと!!

またソロ!?

嬉しいんですけど、合奏バージョンとソロ・バージョンではボーイングやニュアンス、音量も違いますし
2つを使い分けなくてはいけないという…

やるしかないけど、大丈夫かな~(汗

スポンサーサイト

Comments

うわーなんか凄いですね(笑)
やる事てんこ盛り!って言う感じで大変そうだけど、やりがいがあるというか…

でもノリコさんなら、多分結果的にこなすと予想してます。

そんでもって、ノリコさん卒業なんですか?
あれ?早いですよね...?

ありょうさん

はい。やることテンコ盛りです…

でも逆にこれぐらい課題がないと練習しててつまらなく感じちゃうんですよ~

自分で課題を見つけるのはなかなか大変ですし
やっぱレッスンの後は俄然やる気がでますね(^-^)


ちなみに私は今2年生なので卒業しませんよ~
卒業する4年生のために、卒業式でハンドベルと共演するわけです☆

ハンドベルの定期演奏会でカノンを弾いたのですが、その時、副理事長が聴きにきていて
それでリクエストされたわけです

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://stringorchestra.blog47.fc2.com/tb.php/134-6ee6c08f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。