体験レッスンに行ってきた 

1年9ヶ月間、いわゆる独学という期間を得て
(弾ける人に教わっていたりしましたが…笑)

教室に通うことになりましたー!(ぱっぱかぱーん♪)

自宅から電車で15分ほどのところに個人教室を開いている人を見つけまして
先生は、ウィーンへの留学経験があって、国際コンクールで入賞経験があるという
輝かしい経歴の持ち主です

身近にそういう人がいるならば、ぜひとも教わりに行こうじゃないか!
という精神で、今日体験レッスンに行ってきました


一先ず、コーヒーを飲みながら雑談を
(私コーヒー駄目なんですけど、せっかく淹れてもらったので…砂糖・ミルクを入れて飲んだら……あれ?意外と美味しい!…と、コーヒーが飲めるようになってました…笑)

大学からはじめたこと
最初の3ヶ月は完全に独学でやってきて、1ヶ月間ボーイングのみの練習をしてきたこと
練習法をトレーナーから教わって、一人で地味練習して今に至ること

コーヒーを飲み終えたら
今度はボーイングを見せてとのこと(汗

あぁ…基礎を見るのね……ヤバイな~
なんて思いながらD線の開放を2~3往復すると

「うん。なるほどね。随分練習したんじゃない?ボーイング綺麗だし先まで使えてるし」

(そりゃ一ヶ月間この練習しかしなかったし、未だにやってるし…)

と、心の中で悪態付きながら「あ…本当ですか!?」と(笑


続いて「左手はどれ位できるの?」と(汗
今やってる曲を見せてということで、カノンを途中まで弾きました


「ビブラートはどうやって?ただ何となく?」
「あ…いえ。トレーナーに練習法を教わってそれで」
どんな練習か聞かれたので、
バイオリンの渦巻きを壁につけて、キラキラ星をポジション移動しながらゆっくり4回ずつ揺らしていく
と応えると「うんうん。なるほど。じゃぁポジション移動は?」と聞かれたので
Plinkをやった後はアイネク1楽章の1stを渡されて、これでポジション移動を練習するように言われて、がむしゃらに練習した
ということを言うと

先生はおもむろに教本をとりだして
「コレを進めていこうかな~」と……

手を見ると、そこには篠崎バイオリン2巻が!!

どうやら、
私は音階とボーイングくらいしか基礎をやってこなかったので、純粋にポジション移動だけを練習するような基礎練習をしていけば
もっと曲が楽に弾けるようになるらしい

カイザーもやっていかなくてはいけないのだけど
カイザーはとても長くて、先生曰く「これは一体なんの練習なのだろう」というものもあるそうなので
篠崎バイオリンに乗ってるのは、カイザーの必要な部分を短くまとめているから
無理なく勧められるとのこと(そんなんで良いのかな~?でも教本が少なければお金も助かるので大歓迎ですが…笑)

そして2巻を勧めていくと同時に3巻の最後に載っている
純粋にポジション練習のためのものがあるので、それも勧めていくとのこと

先生が「できるやつはやってもしょうがないので、ピックアップしながらやっていこうかな~コレは弾ける?」
とバッハのメヌエットのページを開いたので
弾いたことあると言うと
「じゃぁ次いこうか」と言われたので、慌てて「でも弾けません!!!」と言いました(笑

「今までは曲を渡されて、それを弾けるように練習してきたので、むしろ基礎ガッツリでお願いします!!!」
とお願いして

ラシラシラシ~♪
という基礎中の基礎からやっていくことに(笑



ここの教室はワンレッスン制なので
好きなときにこれるので、スケジュールが不安定な私には嬉しい♪
次のレッスンは4月3日です(笑

だいぶ先ですが、学生ゆえ…レッスン代も大変なので
まぁゆっくり、じっくり、ガッツリやっていこうと思います☆

【追記】
体験レッスンして、よく先生との相性を見極めるようにアドバイスされたのですが
ぶっちゃけ、たった小一時間のレッスンで相性とか全く分かりませんでした…

まぁ、ずっとその先生で続けるか続けないかは、半年間は一緒にやってみて考えようと思います


【追記の追記】

先生に「この弦はどこの?」と聞かれたので
「ラーセンのツィガーヌです」と答えると…

「なんで?」と…

え!?弦を変えるのに理由とかあるの??
「いや…今色んなやつ試しているので」と答えると「そっか~」と…

他の人は理由とかあるんですかね?

スポンサーサイト

Comments

こんばんは^^
ついに通われるのですね!!

いやぁ~なんだかお仲間が増えたみたいで嬉しいです^^
これからも一緒に頑張ってきましょうね!

それにしても凄い経歴の方ですね!ビックリしました

レッスン費きついですよね・・・
私もワンレッスン制なのですが、自分のバイト代から払っているので
毎月カツカツです~><

ほほ~!おえでとうというのも変ですが、なんとなくおめでとうございます!

レッスンで色々と楽しめたらいいですよね~♪
しかし近場にて発見っていいですね!
体験レッスンだけでは相性は分からないですよね(汗
ワンレッスン制っていうのも意外とあるんですね~
レッスンレポなんぞも楽しみにしてますね!

最近、コーヒーをがぶ飲みしています(≧∇≦)

ノリコさん、すごい経歴をお持ちの方に師事されるのですね!素晴らしい!(相性は確かにあるでしょうけれども…(汗)。)
ところで、前エントリーでのカノン、退化しているのでしょうか…?出だしのビブラートはとっても良いと思いました(^-^) 音割れは確かにあれですが…ゴニョゴニョ(≧∇≦)

あまはさん

> こんばんは^^
> ついに通われるのですね!!
そうなんですよ~♪
本当はトレーナーに個人レッスンしてもらうのが一番だったんですが(スパルタですし笑)
彼は本当に忙しい方なので
3ヶ月間探して探して!!ようやく見つけました☆

> いやぁ~なんだかお仲間が増えたみたいで嬉しいです^^
> これからも一緒に頑張ってきましょうね!
はい!!私もドキドキわくわくで♪発表会とかあるといいなぁ…

> それにしても凄い経歴の方ですね!ビックリしました
ですよねー!!実はお世話になっている職人さんも凄い方で…(なんでも日本人で国際の製作大会で入賞された方だとか…)
凄い方たちに囲まれています(汗

> レッスン費きついですよね・・・
> 私もワンレッスン制なのですが、自分のバイト代から払っているので
> 毎月カツカツです~><
はい…そうですよね…
私はもう、ヴァイオリンのために授業料払い、ヴァイオリンのために大学に行き、ヴァイオリンのために働いているって感じですよ(汗
ヴァイオリンに金使いすぎて、服とか全然買っていませんもん(笑

ありょうさん

> ほほ~!おえでとうというのも変ですが、なんとなくおめでとうございます!
ありがとうございます~♪

> レッスンで色々と楽しめたらいいですよね~♪
はい☆もうガッツリ基礎を固めて、もっと楽に曲が弾けるようになりたいです!
そして、今までみたいな不完全燃焼的な音楽じゃなくて、うんと楽しめるように余裕を持ちたいです!

> しかし近場にて発見っていいですね!
> 体験レッスンだけでは相性は分からないですよね(汗
ぶっちゃけ自宅から自転車で20分のところにもバイオリン教室ありました(笑
でも今から習う先生は教授とも知り合いなので、信頼できるということで☆
私…思ったことはじゃんじゃん言っていくタイプなので、たぶん先生にめっちゃ注文多いと思います(汗
私がどうこうというより、先生が私でいいのか…そこが心配です(汗

> ワンレッスン制っていうのも意外とあるんですね~
> レッスンレポなんぞも楽しみにしてますね!
はい!ばっちり事細かに記していきますぞい(笑

遊歩道さん

> ノリコさん、すごい経歴をお持ちの方に師事されるのですね!素晴らしい!(相性は確かにあるでしょうけれども…(汗)。)
ですよねー!!実は私…肩書きに左右されやすいという単純人間なので、会う前から尊敬してました(笑

> ところで、前エントリーでのカノン、退化しているのでしょうか…?出だしのビブラートはとっても良いと思いました(^-^) 音割れは確かにあれですが…ゴニョゴニョ(≧∇≦)
えー!本当ですか!?
いや~私本当にフレーズしか考えていなくて(汗
なるほど!ビブラート上手くいっていたのですね☆
あれです…完璧を目指しすぎてちょっとダメになってる!?

音割れは…やっぱりデジカメ対策でいってみましょう!
今度はデジカメで!!

こんにちは。

良さそうな感じの先生です。

1.カイザーは確かに長い。
  また確かに目的不明の曲も含まれています。
  ある程度の経験者が、定期点検の意味で復習する分には、この長さは全く問題になりません。初心者の場合は、初体験モードですので、長いと段々頭の中がぐちゃぐちゃになって来てしまい、練習効果が落ちます。
  将来、自分で復習する時にはカイザーの原本でやってみるのは面白いと思いますが、現時点では短縮版を採用するのは正解のように思います。

2.こういう練習曲は、順番にやらなくても良いので、いま抱えている課題を解決するにはどの曲をやるのが良いのか、という風にこちらから問題提起をすることが出来れば、自分が気になっている問題の解決に取り組めることになるので、やる気も出て、効果が高くなります。

3.レッスンのインターバルを取るのは良いことだと思います。
  大人の場合、子供とは違い、自分で考えながら練習に取り組めるわけですので、レッスンで与えられた課題に自分なりに考えて取り組んでみて、ある程度出来たかな、と思えたところで先生にチェックして貰う、或いは、練習中に湧いて来た疑問を相談するためにレッスンに行く、という循環を作った方がお金が生きると思います。この先生は、たぶん、こうした希望にも対応してくれる人だと思います。

4.レッスンとは別に、人前で弾かなければならないオケの曲を抱えているわけですから、先生には、曲をどんどん進めることは希望しておらず、むしろ、地味でも良いから基礎技術をじっくり徹底して教えて欲しい、とお願いした方が良いかも知れません。自分として確信が持てるまで取り組んだ練習曲が蓄積して行くと不思議と自信が湧いてきます。

ひらりんさん

こんにちは☆

ひらりんさんから見てもいい感じの先生ですか♪
正直、教本の同時進行には驚きましたが、順番どおりに進める必要はないんですね!
コメントを読んで「たしかにー!」と頷きました(笑
私の場合はオケの曲もありますし、対応した基礎練習というのを見つけてもらうようにお願いしてあります♪

練習曲も、次から次へというのではなくて
どれだけ時間がかかってもいいから、よく自分で納得できるまで見てもらうようにもお願いしています!
でないと私がストレスに感じてしまうので…

本当にいろいろ注文していて申し訳ないのですが、快く受け入れてくれたので
レッスンが楽しみなのです☆

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://stringorchestra.blog47.fc2.com/tb.php/136-3a9c912d