スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松脂って意外にも… 


最近、自分のヴァイオリンの可能性を引き出したいと感じるようになりました


演奏技術を高めることもそうなんですけど


それと同時に表現力や音色にこだわりが出てきました


色々調べたんですが、弦だけじゃなく

肩当や松脂でヴァイオリンの音色は変わるそうなんです


私が使っている肩当はKUNの一番グレードの低いもの


松脂は付属品の600円程度のもの


なんせ、職人さんのご好意で、本来はヴァイオリンセットで10万円のものを

ケースなどの付属品のグレードを下げて

7万円で購入したので(汗)


だからヴァイオリンの型とセット内容が食い違っているんですね(笑



まぁそれはさて置き

最近になって松脂の引っ掛かりが物足りなくなってきたのです


もう少し発音良くしっかりとした感触がほしくて



たびたびこのブログに登場してくるオケ仲間の松脂を試しに使ってみたのです


彼の松脂はピラストロ社のピラニート

四角くて面白かったです

ピラニートは初心者や入門者、分数楽器に多く使われるものらしくて

比較的、使いやすいそうなんです


今、自分が使っている松脂よりは好みでした

ただ、やっぱりもう少し鋭い当たりがあった方が好き


私何となく音が出るって感じが嫌いなんです(汗


だから松脂を買い換えようと思うのですが


定番はピラストロのシュワルツ


黒いシールのやつですね


しかし、私は今ラーセンの弦を張っているので

それに合わせてラーセンにしてみようかとも考えているのです

噂ですがラーセンは鋭い引っかかりがあるそうで


「黒ネコ」呼ばれる松脂にも興味が…


松脂に関しては無知で未知数なので

かなり決めかねます(汗


弦同様に簡単に試せないのが辛いですよね…


う~ん……


スポンサーサイト

Comments

No title

たしかにたくさん種類があって選ぶのが難しそうです
私は弾きませんが友人はベルナルデルを使っています。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://stringorchestra.blog47.fc2.com/tb.php/14-26fcde89

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。