色々と難しい… 


昨日、合奏だったんですけど
時間が足らず、残ってしまった分を今日やりました

プリンク、カノンでは私が1stヴァイオリンを担当しているので
最初の入りの合図やら、終わりのrit.のタイミングなど
私が弾きながら合図を出していくようになるので

非常にしんどいです(汗

よくコンマスは今まで合図を出してくれていたなぁと思いました
しかも分かりやすく…

私が出した合図にしっくり音が当てはまらなかったり(まぁ、私の合図が悪いからなんですけど)
合図を出すのに体が動くから、音がぶれてしまうと言う本末転倒な感じになったり

これは…本当に難しいですね


しかもカノンは
ソロと合奏バージョンではボーイングもスラーも、そして最後の終わりの音までもが違うので
2つが交じって、ものすごくミス連発です


アイネクでは
私は2ndヴァイオリン

2ndVnとVaの刻みが実は重要だということが
昨日のひらりんさんのコメントで判明したので

今日は実験をしてみました

部長に「ねぇ…刻みも歌ってみない?」という提案をして


Mozart " Eine kleine Nachtmusik" Allegro


ここの団体と同じように
少しばかり強弱を付けてみるという感じにしてみました

私は割りと「普通にやってもつまんないじゃん。どうせ人数少なし、アマチュアな訳だし個性だしちゃえばいいじゃん」ってノリなんですけど

他のメンバーからは「好みじゃない」という意見が出まして
結局、廃案となりました(笑

私はCDで聴くような有名オケの演奏より
どこかのアマチュア弦楽四重奏オケの演奏のほうが面白みがあって好きなんですよね

そういうのって「人の好み」だと分かっているんですが
色々提案することが「好みじゃない」と言われると
私って感性おかしいのか?と思ってしまします(笑

「一定のテンポで1stが安心して歌えるような刻み」に
なんかつまんな~い!と色々したくなってしまうのは…

まぁ…
なんていうか…

早くトレーナー来てくれ!って感じですよね(笑

トレーナーは私たちのレベルを考えて
その時、その時で一番いい演奏ができるような指導(私たちの粗隠し)をしてくれるので
なかなかありがたいです

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://stringorchestra.blog47.fc2.com/tb.php/148-73a0a493