定期健診のつもりが入院(汗 


今日は職人さんに毛替え・メンテナンスのため
楽器を持っていきました~

折角なので、学校にあるヴィオラもメンテナンスに出しました

このヴィオラがビックリするぐらい凄くて…


ヴィオラ


弓がー!!弦がー!!駒吹っ飛んでるし!!!(大汗

後輩のお母さんの使っていないヴィオラをお借りすることができまして
空けてみたら…もうビックリでしたよ~


この楽器を職人さんに見せたところ

1.駒の底のカーブが楽器のカーブに合っていない
 →駒が滑りやすい

2.アジャスターの一部が鋭利になっていた(製造工程上しょうがない)
  →A線がボールの方から切れやすい

3.最低4箇所は裏板がはがれている

4.弓は虫に食べられてこんなことに


お金があまりかからないように、色々手を加えてもらえることになりました



そして私の楽器のメンテナンスへ

まず毛替えをお願いして、弓は健康だそうです♪
「随分綺麗に使ってるね~」と言ってもらえたんですが、
……これって褒め言葉ですよね?

「本体で気になることってある?」と聞かれたので
ピッチカートをしたときに音が変だということを言うと

職人さんはスクロールから本体を眺めて
「あ~指板が随分上がってるね」


指板は湿度に左右されるもので、
乾燥すると1日に紙1枚分上がって行き、湿度が上がると下がっていくそうです

そして指板に使われている材質はバラ科の木だそうで
もともと、とてもうねりのある木で

湿気なんかで、そのうねりが出てくるみたいです
で、今回私の楽器はそのうねりが出てきてしまった模様

毛替えをして、GW明けにレッスン行こうかと思っていたら
ちょっと真面目に指板を削る必要があるそうなので

2週間以上の入院が余儀なくされました…


そんな本格修理であるのに…
メンテナンス料なし!!

「これは使っていれば必ず起こってくるトラブルで、うちではアフターケアをきちんとするから」

本当に頭が上がりません



スポンサーサイト

Comments

お大事になさってください(?!)

あ~、ちゃら男くんは入院してしまったのですね…ヽ(´ー`)ノ
でも、やはりこういうことがあるから、定期健診は必要なであることが分かりました。人間と同じですね(爆)。
それにしても、素晴らしいアフター・ケアです!やはり、このような職人さんの楽器を使いたくなりますよね(^-^)

遊歩道さん

> あ~、ちゃら男くんは入院してしまったのですね…ヽ(´ー`)ノ
> でも、やはりこういうことがあるから、定期健診は必要なであることが分かりました。人間と同じですね(爆)。
ホントに驚きました~
寂しいですけど彼が健康体になってから、また一緒に頑張っていこうと思います♪

> それにしても、素晴らしいアフター・ケアです!やはり、このような職人さんの楽器を使いたくなりますよね(^-^)
ホント素晴らしい職人さんです!!
さらに、この職人さんの工房から出している楽器は、裏板が薄く作られているので
新作楽器でも鳴りやすいというのが特徴です
とてもいい人なので、かなり信頼しています(^_^)

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://stringorchestra.blog47.fc2.com/tb.php/153-0fd44581