スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は色々な曲を… 

今日はヴァイオリンだけじゃなくて
いろいろな楽器の曲を聴いてました~☆

YouTubeで(笑

まずは、友達が私の影響で音楽に目覚め
アルトサックスをはじめたので

「Take Five」を聞きました~

クラシックじゃなくてジャズですけどね

Dave Brubeck - Take Five


うん。ジャズ初心者な私でもとっても聴きやすい曲です☆





続きまして、フルートの名曲

組曲「アルルの女」第二番からメヌエット

Bizet Menuet from L'Arlésienne (Dominique Kim)

この曲は中学2年生のときに、吹奏楽で「アルルの女」の2番をやったときに吹いた
思い出深い曲であります…

なんとその時の演奏がビデオテープに残って持っているという(汗
今聴くと…ヘタクソですね(爆

あまりに有名な曲すぎて、フルート経験者であることがばれると
「メヌエット吹いて~」とお願いされることが多々あるのですが…

これ意外にも体力めちゃ使うんですよ~
しかも練習なんてしてないから、綺麗に吹けるかは運任せ(笑






今年はショパンの記念イヤーだったと思うんですけど…
合ってますかね?生誕200年だったかな??

私は映画めったに見ないんですけど
唯一DVDで持っている「戦場のピアニスト」にメイン曲的な感じで使われていた

ノクターン20番「遺作」を聴きました

Chopin Nocturne cis-moll ショパン ノクターン遺作 嬰ハ短調

映画の内容を思い出して、かなりブルーになってしまうんですが
切なくていい曲ですよね


ピアノって、同じ曲でも弾く人によって全く違う色になりますよね
もちろん、どんな楽器でもそうなんですけど

ヴァイオリンとかもかなり違いますけど、「その人の個性」として聴けるんですけど
ピアノだと「う~ん…これはちょっと…」と自分の好みの当たり外れがでかいです…

だから、私の中で
「ピアニスト=超個性的」という謎の固定観念が…






最後はやっぱり弦楽器でしめましょう(笑

私の好きな作曲家は
ホルスト、ショスタコーヴィチ、そして…

ボロディンであります

弦楽四重奏2番を聞きました♪

"Borodin Quartet" plays Borodin Quartet #2, in D Major


あぁ…
どうしてボロディンはこんなに美しいメロディを…
こんなに多彩なハーモニーを…


ボロディンってこんなにいい曲書くのに
「日曜大工」ならぬ「日曜作曲家」と自分で言ってたらしいです

なんでも他の仕事をしつつ作曲活動をしていたから(人から聞いた話なので詳細は不明)






ふぅ……
他にもいろいろ聴いたんですが、今日はこの辺で!

課題をやります!!

スポンサーサイト

Comments

おーーーショスタコ、ボロディンが好きとは!
僕もロシア物には目がありません!!
ロシアと日本の音楽はどこか通ずるものがあるのかもしれませんね^^
あのメロディの美しさはたまりませんね~

shin.vaさん

> おーーーショスタコ、ボロディンが好きとは!
> 僕もロシア物には目がありません!!
そうなんですねー!!いいですよねRossia!!(調子に乗って英語で…笑)

> ロシアと日本の音楽はどこか通ずるものがあるのかもしれませんね^^
> あのメロディの美しさはたまりませんね~
そうですよ!!あの美しさには桃色のため息が出てしまいます(笑
Rossiaで美しいメロディといえば、チャイコフスキーの「アンダンテカンタービレ」もたまらなく美しいですよね!!

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://stringorchestra.blog47.fc2.com/tb.php/156-7deef35f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。