苦渋の末… 


この間、合奏でセントポールやったんですね~

しかーし
全然ダメでした~

難しい曲ですから…
実力にばらつきがあり過ぎて、練習不足もたたって
合奏になりませんでした(泣

いや~無理やりにでもやってよかったんですが
荒削りすぎて、どうまとめたら良いか…
という感じだったので、個人でもう少し譜読みをしてくるって感じで終わりにしました。


私はというと…
高音域の音程ですね…
それから臨時記号の音程、そして、ニュアンス作り


今日の個人練習では
弓の使い方を再確認しました。

よく音源を聴いて、どう弓を使えば良いのか研究しました
後輩が以前の合奏を録音していたので、それを聞かせてもらい研究を…

課題はテンポ感と拍感でした
指揮では2拍子で振るはずなのに、その2拍子の感じが出てないんですね
ようは音の立ち上がりが遅くて、おもっ苦しいのです…

しっかり弓で引っ掛けているような感覚があるように
ゆっくりのテンポから練習しなくてはです



最大の課題である高音域の音程は…
ひたすら練習しました

5ポジ、6ポジの位置を何度も確認し、ゆっくりでの練習
何度も何度も練習すれど「今…!!音取れた!!できたー!!!」ってならなくて(汗

どうしても若干高かったり、低かったり(泣
1人だったらコレくらいビブラートで誤魔化しちゃうんですけど
同じ音域を2~3人でやりますから…

少しでも狂いようものならウヨヨヨ~ってなるし…


いや…正しい音程で弾くことも大切だけど、周りの音を聞いて合わせていかなきゃいけないのは分かっています
でも、正しい音程を諦めるわけにはいかないじゃないですか~
まだまだ演奏会は先だし…


そんなんで、悩んでは何度も練習して
できなくて撃沈して、悩んでは練習するって感じで

うがー!!!何回やってもできる気がしない!!!!

となって、腹が立ったので
指板の5ポジションのところに鉛筆で印つけてやりました

シールはべた付いたらイヤだったので鉛筆で



でも…


構えたら光が反射して薄っすらとしか見えない!
それに弾くたびに印が消えてゆく(笑

しょうがないので、指が触れない指板の側面に書きました


当然見えるわけもなく…

でも不思議なことに、なんとなく音程が取りやすくなったように思えます(笑
絶対に気休めにしかなってなくて、印は見えないのに
不思議です


印をつけたことで、正しい場所を脳が視覚的に覚えたんでしょうか…?
その証拠に楽譜見てると取れません(笑

ポジション移動するときになって指板をジ~~っと見て
「ここだー!!」と言って移動してみると
以前よりかは取れます


印の力は偉大だなぁ…
この調子で正しい場所を「目」じゃなくて「体」が覚えてくれると助かるんですけど…


スポンサーサイト

Comments

ゆっくりで音階練習とかやはり大事ですよね。
私は1ポジですが、未だに苦戦中です。
一発で正しい音が取れること少ないです。
ズラして取ったら意味がありませんって毎回先生に言われます。

日々やって体で覚えたいですよね(汗
そういう私は親指が指板の下にもぐる癖があったので、親指位置にシールを重ね貼りしてます…
最近ようやく手で覚えてきました。
(でも親指硬くて、ひじが動いていないので左腕が痛いです・・・)

ポジション

こんにちは。
イメージトレーニングの1つのやり方としては、まず目を閉じて楽器を思い浮かべます。これは必ずしも目で見えるような画像である必要はありません。私の場合は真っ暗な空間に白い線で描かれた楽器が見えます。そして、正しい音程を取ってみて、取れたらイメージの中の楽器のその場所に頭の中でマークを入れます。そして、今度は曲を弾きながら、その場所に来たら、マークした場所に飛ぶようなイメージで音を取ります。慣れてくると、目を開けて楽譜を見ていても、頭の中ではイメージの楽器を見ることができるようになります。

ありょうさん

> ゆっくりで音階練習とかやはり大事ですよね。
> 私は1ポジですが、未だに苦戦中です。
> 一発で正しい音が取れること少ないです。
> ズラして取ったら意味がありませんって毎回先生に言われます。
> 日々やって体で覚えたいですよね(汗
あ~確かに、「ズラしたらだめー!!!」と言われました
ちゃんと毎日音階練習しないと、前は一発で取れてた音も取れなくなってしまうんですよ~(汗
どうか毎日続けてください!!


> そういう私は親指が指板の下にもぐる癖があったので、親指位置にシールを重ね貼りしてます…
> 最近ようやく手で覚えてきました。
> (でも親指硬くて、ひじが動いていないので左腕が痛いです・・・)
なるほど!親指の位置にシールですか!!
それ新入生に持って来いですね!!いい発想です♪
正しい位置が分からない場合はシールもありですよね~

ひらりんさん

> こんにちは。
こんにちは☆

> イメージトレーニングの1つのやり方としては、まず目を閉じて楽器を思い浮かべます。これは必ずしも目で見えるような画像である必要はありません。私の場合は真っ暗な空間に白い線で描かれた楽器が見えます。そして、正しい音程を取ってみて、取れたらイメージの中の楽器のその場所に頭の中でマークを入れます。そして、今度は曲を弾きながら、その場所に来たら、マークした場所に飛ぶようなイメージで音を取ります。慣れてくると、目を開けて楽譜を見ていても、頭の中ではイメージの楽器を見ることができるようになります。
あー!!真っ暗な部屋で練習って、確かプロの方がよくやると聞きました!!
イメージなんですね!目を閉じても楽器が見えるようにトレーニングしたいと思います♪
ありがとうございます!!

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://stringorchestra.blog47.fc2.com/tb.php/178-f85b9aa8