久々の練習は大変だ 


もうコルセット無しでも生活できるくらいに回復しまして
夏休みも始まったことですし、久々の練習をしました☆

テストで1週間ろくにバイオリンを弾いてなかったもんだから
なんか違和感ばっかりでした(汗

ちょ~っと弾いただけで指先がジンジンして
肩や首、背中が気だるくて

ものっ凄く疲れました~


腰に負担が掛かるから加減して練習しようと思っていたのに
気がついたら、かれこれトータルして4時間くらい弾いていて
腰がちょっとイテテテ~ってなりました(汗





はてさて、今日はポジション移動について考えてみました
今まで5ポジ(E線のD)への移動をするときに考えていたことは

「5ポジの2の指が指板のこの位置だからココ」

というように弾いていたんですが
運よくピッタリの音程を取れたとしても、その次にやってくる5ポジでの旋律が
チンクシャなんですね

そこで、5ポジでの経験が少ない私は、この考えではダメなんじゃないかな~と思いまして

「5ポジの1の指がこの位置だから、その他にでてくる音もココ」

という考えに切り替えて練習しようと思います
何事も基本から……ウン

ということで、じゃぁ5ポジの1がしっかり取れる練習をしようと思い立つも


……練習法知らない。


ということに気付きました(ガーン)
一先ず、1ポジ(Fis)→3ポジ(A)→5ポジ(C)の移動を練習してみました

ところが5ポジのCの音程がよく分からない!!
Cなのに…

だから
1ポジ(Fis)→3ポジ(A)→3ポジの3(C)

を弾いて音程を確認した後に

1ポジ(Fis)→3ポジ(A)→5ポジ(C)

をやってみました。


でも何か決め手を欠くような気がして(本当にこの練習して効果あるのかな…という不安)、あまり乗り気じゃありません。
今度のレッスンで先生に聞いてみようと思います~

でもその間の練習はどうやろうか…
周りに聞いても、初心者の頃からオケに放り込まれて実践で育ってきた人たちばかりだから
みんな一様に"勘"とか"感覚"って言うんですよね

そこまでに持っていくアプローチを知りたいんですけどね~
スポンサーサイト

Comments

さしが!
回復早いですね(^^
良かったです。
でも、無茶しないで下さいね!

>1ポジ(Fis)→3ポジ(A)→3ポジの3(C)
>を弾いて音程を確認した後に
>1ポジ(Fis)→3ポジ(A)→5ポジ(C)
僕もその方法で良い気がします。
ただ、5ポジ(C)のときにA線の開放弦を同時に弾いて、
響きを確かめると音程が掴みやすい気がします。
外れてると不快な音がするので。。。
あんま参考にならなくてすんません(^^;

それか
1ポジ(Fis)→3ポジ(A)→5ポジ(C)
を練習する前に、
1ポジ(Fis)→3ポジ(A)→3ポジの3(C)→5ポジ(C)
という練習を入れて、音程と移動に慣れるのも良いかもしれません。

にしやんさん

なーるーほーどー!!!!

> 1ポジ(Fis)→3ポジ(A)→3ポジの3(C)→5ポジ(C)

これいいですね!!
それにA線と同時に弾いて音程を確かめるのも、普段の練習に取り入れれば
なんちゃって和音マスターになれますね(笑

決め手が見つかりました!!
まずはコレを毎日練習してみます☆
ありがとうございます!!!

第5ポジション

こんにちは。
練習法も大切ですが、まずは基本となる音をサードポジションなどをつかって正確に出し、その音をしっかり頭の中に入れて出したい音のイメージを作り上げることです。そして、イメージした音を出そうとして身体の動きに任せてみてください。頭の中のイメージと連動する身体を作ることが大切です。

私も5ポジに慣れなくて苦戦しています。
(カプリオールではもっと高いところでpizzとかあって、更に苦戦)
なので、この記事と皆さんのコメントは、すごく参考になりました!
教本にはポジションエチュードと言うのがあったのですが、2ポジ→5ポジという練習だったので、2ポジが怪しい私にはハードルが高くって((+_+))

P.S 
もしよろしければ、リンク貼らせていただいてもいいですか?

ひらりんさん

こんにちは!!
音のイメージ…そうですよね
音が分かってないのに正しい音程で弾けるわけがないんですから
しっかり正しい音を聴くことが大切ですよね!!

イメージと連動した身体…
意外と、旋律以外は何も考えないで弾くと音が取れたりするのは
自分の音のイメージに身体が反応してるってことですかね…?
それともただの偶然??

いずれにせよ、イメージと反応を一致させないとですね!!

キキさん


> (カプリオールではもっと高いところでpizzとかあって、更に苦戦)
あぁ…確か3楽章でしたっけ…
1stのやたらめったら高いpizzは(汗
確かコンマスもよく練習してた箇所だったと思います
カプリオールは不協和音も合って、音程取るの大変ですよね
ぶっちゃけ音間違えても分からないんじゃ?なんて(笑


> なので、この記事と皆さんのコメントは、すごく参考になりました!
> 教本にはポジションエチュードと言うのがあったのですが、2ポジ→5ポジという練習だったので、2ポジが怪しい私にはハードルが高くって((+_+))
あぁ!教本って最初からレベル高かかったりしますよね!!
その練習する前に○○ができないんですけどー!みたいな(汗
この間気付きましたが、最初をFisでとるよりFで取ったほうがC-Durの下属和音になるので取りやすいと思います☆


> もしよろしければ、リンク貼らせていただいてもいいですか?
全然OKです!私もリンク貼りますね♪

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://stringorchestra.blog47.fc2.com/tb.php/181-7de79d56