小指が動かない(汗 


夏休みに入ってから
学園祭のための曲や、12月にある演奏会のための曲の練習が始まりました

本当は学園祭は出ない予定だったのですが(学園祭の次の日が、教育実習が始まるので…汗)
実家へは日帰りでいける距離なので、出ることになりました

でも、曲数はかなり減らしてもらいましたし
どれも一度はやったことある曲なので、なんとかなりそうです


そんなこんなで、今日はカノンとアイネクの合奏でした


カノンはVn.3本とVc.1本の編成で私が1stです

合奏前に昔の録音とかを聞きなおして
どこをどうすればいいのかを考えてから合奏に望んだので
スムーズに行ったんですが、非常に疲れました(汗

そして思ったんですけど
レッスンでやってるカイザーなどのエチュードがとても役立ってるなぁと実感しました

弓が以前より楽に使えるようになってるデスよね
もっと伸びやかな音が出て、色のあるビブラートがかかると理想に近づけるんですけどね~


アイネクではコンマスから多くの指示が出ました
自分が考えるものとちょっと違う指示が出て、違和感を感じたりしましたが
自分では気付きもしなかった場所で2ndから1stのメロディの受け渡しがあって

そこの部分は音作りからやり直しです(汗






はてさて

なが~~い前置きでしたが
本題の小指ちゃんへ…

レッスンでセヴシックをやってるんですけど
小指が交じってくる部分になると、16分音符が出来なくなります(汗

8分音符までは、それなりに出来るんですが
16分音符はダウンで弾いたら力尽きて、アップで帰ってくる頃には

タ…リラ…リ……タリ…ラ…リ

と…たどたどしくなります(笑

しかも、それを繰り返さなきゃいけなくて
さらに、16分音符に入る前には4分音符・8分音符でやってますから

もう小指と、手の甲と、肘辺りの筋肉が痛くなります
とんでもなく痛いです


小指下にあるこの力瘤は見せ掛けで
実際にはトリルも出来ないほど使えない小指ちゃんです

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://stringorchestra.blog47.fc2.com/tb.php/184-097578a4