レッスン#9 


ケースを背負うところの金具付近がもうボロボロで、自転車乗るのがおっかない(怖い)ので
今日は徒歩で行ってきました~

もうレッスンする前からクタクタになりましたよ~
片道だけでトータル50分は歩きました(汗



1)「篠崎バイオリン2巻p.9」の9番

A線のCがどうしてもひっくり返りやすいんですよね~(CisもCほどじゃないけどひっくり返りやすい)
チェロとかにはウルフ音ってあるみたいですけど、ヴァイオリンにもあるんでしょうか…?
私の弾き方の問題なんでしょうか…?

合格です


2)「篠崎バイオリン2巻p.48」のセヴシック

合格です
このページのセヴシックも3分の1が終わりました


3)「篠崎バイオリン2巻p.64」のH. Farmer「美しき変奏曲」

前回からの持ち越しVar. ?,?

前回はもっと弓を使うように言われたので、たくさん使ったら
もっとメロディとそうじゃない部分を分けるように弾かないとダメと言われて

ただ言われたことだけをやってきちゃダメなんだなぁと思いました
先生も、その辺は”あなただったら自分で考えて分かるでしょう?”という雰囲気で
先生に甘えきっちゃダメですね(笑

先生に指摘されたことに気をつけて演奏して、合格もらいました(^_^;)


4)「篠崎バイオリン2巻p.65」のHandel「ブーレ」

なんと一通り弾き終えると
「う~ん………どこが悪いって訳じゃないんだけど……ロマンティックに弾きすぎ」と!!
へ?ロマンティックに弾きすぎですか??

どうやらバロック時代の曲というのは音を短く弾くというのが暗黙の了解であるみたいで
教本にはスタッカートやアクセントなんかがついていますが、オリジナルの楽譜にはほとんどついてないそう…
先生のお手本を聞かせてもらうと、先生の方がとてもスッキリしていました

バロック時代の作曲家…とくにバッハなんかをロマンティックに弾くとどうなるか…
という実験で、先生が無伴奏を弾いてくれました

うん。私はバッハをいつもベタベタ弾くからよく分からなかったんだ。と
妙にストンと納得できました

今まで「う~ん。バッハってよく分からないなぁ。なんでだろう。。。すごく苦手~(汗」という感じだったので
すごくスッキリです☆

先生の模範ブーレを聞きながら、どこをどう切るのか楽譜にメモして
来週に持越しです(ピアノバージョンで先生の模範演奏に近いものをみつけました)

きっと他の教室とかだったら、ロマンティックに弾いて合格もらってたんじゃないかなぁと思うと(YouTubeとかではロマンティックに弾いてるところが多いので)
いいこと教わったなぁと思いました

音を短めに弾く作曲家…バッハ、ヘンデル、ハイドン、ヴィヴァルディなど


5)「篠崎バイオリン2巻p.66」の「カイザー7番」

難しいので1段目だけを持っていきました

2本の弦を初めから押さえて弾く練習なので、準備練習2番の奏法(和音)でまず練習
次回は1段目を楽譜どおり、2段目を準備練習2番の奏法です


6)「篠崎バイオリン3巻p.61」の46番

ポジション移動は…
この練習あんまり好きじゃなくて(笑

あんまり練習はかどらないもんだから本当は2つやってくるハズなんですけど
1つずつにしてもらってます

1→1への移動はレッスン通う前からやっていたことなんで、成功確立は高いんですが
2→2、3→3への移動は慣れてないし、音分からないしで苦手です

それを正直に先生に言うと
むちゃくちゃポルタメントしながらゆっくり移動してごらんというアドバイスをもらいました

うん。確かに音わかる。
「そんなに焦らなくて良いからゆっくり上がってきてごらん。そうしたら段々位置が分かってくるから」
はーい先生(^o^)/





次はバッハの「真っ赤だな~」のガボットです
きた!!バッハ!!!

でももう大丈夫です(^-^)
前みたいな「はぁ。。。まじよくわかんねー」ってなりませんから(笑

というかバッハがこんなにも分からないって言ってたのって
オケ部では私だけだったんですよ~

バロック時代の曲が好きという人が多いからでしょうか…?(^_^;)


そしてバッハの「真っ赤だな~」が終わった後は
ついにザイツですよ~

先生に、私の周りで「ザイツが~(泣」といってる人が多いので
「そんなに恐ろしい曲なのかぁ~って思ってました」と言ったら
そんなに恐ろしくないよと笑われました

いえ。先生。。。恐ろしいです(笑


スポンサーサイト

Comments

真っ赤だな

こんにちは。
「真っ赤だな」がピンと来ないのは、原曲がトランペットだからだと思います。正確には管弦楽組曲のトランペットパートの旋律が主体ということなのですが、元がバイオリン用でないので、今ひとつ弦で弾く場合の曲想がつかめないと私も感じています。

ところで、bamのシェル型ケースは高価ですが背負うという点ではよく出来ています。角型の多くは木製ですので自転車前提なら強度をよく確認された方が良いでしょう。

A線のCは、私の楽器もよく裏返りますよ。
買った当初(超初心者の頃)は全然気が付かなかったのですが、この1年ほど、裏返ることが多いです。
耳が肥えたから気になるのか、それとも弾き方に何か問題があるのか、どうなんでしょうね??

先生による悪い弾き方の見本って、一番破壊力あるような気がします。
先生が私の音を真似て弾いてる時の演奏を聞いた時、
「ああ、その音は…(苦笑)」
と、ものすごく納得させられましたi-201

ひらりんさん

こんばんは!

やっぱり弦と管では違いますよね(汗
しかもバッハの2分の2拍子にはなかなか慣れず…
単純に白の頭からフレーズが始まらないのがもどかしく感じます(^_^;


キキさん

> A線のCは、私の楽器もよく裏返りますよ。
> 買った当初(超初心者の頃)は全然気が付かなかったのですが、この1年ほど、裏返ることが多いです。
あ~!私もそんな感じです!!
キキさんの楽器も裏返るんですね(汗
最初は私の腕が悪いせいだと思っていたんですけど、どうも他の人が弾いても裏返る模様…
でも私が「裏返ってますよね?」と聞くと、「そうでもないんじゃない?」という答えが…!
またしても気にしているのは私だけ!?という状態です(汗


> 先生による悪い弾き方の見本って、一番破壊力あるような気がします。
ですよね(汗
自分では弾いてるので一杯一杯ですし
客観的に、しかも的確に指摘されるので、耳が痛くなりますよね(笑

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://stringorchestra.blog47.fc2.com/tb.php/189-b629fa29