スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指弓って…? 


コメント返すの遅くてすみません(汗

言い訳をすると、つい先日まで課題処理に追われていました~

私、英語は決して得意とはいえないんですけど
ライティングやら英語コミュニケーションやらの授業をいくつか取りまして

すると、何故か英語科の先生は宿題が大好きで
3分間スピーチの原稿やら、指定されたテーマについてA4一枚びっしり書いてきなさいとかで

まず、各内容の下調べなんかに時間がかかって
その資料からどの具体例をピックアップするとかで時間かかって
文法間違えないように、曖昧な単語の用法を調べたりなんかで

超時間かかりました(泣

でも、そのお陰で
先生からは高評価いただけました~☆

でも、私はA4一枚の原稿を作るのに何日もかかったのに
英語科の人はものの30分ほどで先生が納得するもの書けるんだから流石だなと思います(泣

なんでしょうね。。。
私は下調べとかしないと良いものって絶対に書けないですけど
特にそんなこともせずに書けちゃう人とは人生経験が違うんですかね??





この間、自分の癖を発見しました


弓元では目立たないんですけど、弓先で弓を返すときに
手首が柔らかく使えていなくて、腕で返してるって感じでした(肘が必要以上に動く)

肩に力も入っていて、肩が浮いていたり(汗

無駄な動きが多いからボーイングがダメなんだなぁと。。。


最近は気をつけるようにしているので音階練習のときなんかは
手首を柔らかく使えるんですけど

曲とかになると、腕で返してしまうことが多々ありまして
それに気付いては「腕で返しちゃダメ!!」と自分の頬を平手打ちしているんですが(笑


そして指弓について考えてみたんですけど

よくよく考えたら、私…指弓の完成形をしらないんですね(汗
この間のプロオケの練習見学で、プロの手首をガン見していたんですけど
弓を返すときの手首・弓の動きが、みんな一緒というわけではなくって

物凄くグニグニ指まで動いている人もいれば、
そこまでグニグニしてない人もいて

目指す場所が分からないから、どうすればいいか分からんです



先生やトレーナーの手首は凄く滑らかですけど、グニグニって感じでもなくて、
じゃぁグニグニしている人はなんなのか?


今度、先生に聞いてみようか…
と言っても次のレッスンは年明けですけどね(汗


う~ん。。。

指弓って、ようは弓を滑らかに返すための技術ってことじゃないですか
一先ず癖を直して、指も柔らかくなるように準備運動を続ける方針で行きます


スポンサーサイト

Comments

指弓

こんにちは。
指弓については、必須という先生と無用という先生とがいます。
私の先生は指弓を使うと注意されます。
弓を返す時にも、なるべく手首を使わないように指導されます。
世界の潮流という点では手首を使わない方が主流になりつつあるのかな、と感じています。
右手に力が入る傾向を感じておられるようですから、それなら手首のことはしばし忘れて、自分が良い音が出せるのは、どんな状態の時かを探り当てることを先にした方が良いかも知れません。その状態を維持したままで返せる返し方がご自分にあった奏法ということになるのではないかと思います。

ひらりんさん

こんばんは☆
> 指弓については、必須という先生と無用という先生とがいます。
> 世界の潮流という点では手首を使わない方が主流になりつつあるのかな、と感じています。

ほおぉぉぉ!!!
指弓が必ずしも必要と言うわけではないのですね~


> 右手に力が入る傾向を感じておられるようですから、それなら手首のことはしばし忘れて、自分が良い音が出せるのは、どんな状態の時かを探り当てることを先にした方が良いかも知れません。その状態を維持したままで返せる返し方がご自分にあった奏法ということになるのではないかと思います。

ふむふむ。
いい音探りですね☆
そういう音出しはヴァイオリンに限らず昔から好きなので、早速やってみます!!
ありがとうございます

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://stringorchestra.blog47.fc2.com/tb.php/196-75602f0d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。