スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢から覚めてしまった… 



今日は、教授が会長を務める市の音楽連盟
35周年記念ということで第九を聴いてきました~

なんとトレーナーがソリスト(バリトン)!
私は教授のゼミ生なのでチケットタダで貰えたんですけど
なんだか嬉しくって、トレーナーにもお世話になってることですし、チケットを購入しました


オケは、ユニフィル
合唱団は、市内にある合唱団が集まって構成

テノールの人はN響と共演したり、小澤さんと共演したりしているという輝かしい経歴の持ち主でした



そういえば、フルート(1st)が木製でした
おそらく、木製のモダンフルートだとは思うんですけど
音色がメタルのフルートとは全然違いました!!

なんとも柔らかくて、あたたかい音色でした


つい数年前には、プラチナのフルートがあったほどだったのに
今は、柔らかい音が流行ということでしょうか?



第九は4楽章が一番好きではあるんですけど
私は2楽章のファゴットが好きだったりするんですね~

他の楽器も、あの軽快なメロディを演奏してるんですけど
ファゴットのあの音は面白いと感じます


今回はプロの第九が生で聴けて、とても幸せな気分でいたんですけど

4楽章に入って、興醒めな事件が起きました。。。


1~3楽章を思い返した後に、
チェロが歓喜の喜びの、あのメロディを演奏しようとしたその時






チャンチャラチャラチャララン~♪







なんと!!同じ階にいた年配の女性の携帯から着信音が!!!!!





チャラチャラチャララン~♪





しかも長い!!!はやく止めて!!!!!!






チャラララチャラ……





着信音が止まってから、チェロのあの美しいメロディが始まりました。



指揮者も止まるの待ってたー!!



悩み、苦しみから歓喜へ向かおうとしていたところに
あの着信音


一気に夢から覚めてしまったかのようで
集中が切れてしまって、もはやその後続く演奏にも心が揺れず



興醒めでした。


本当に醒めてしまった。。。



もう今日はそれが残念すぎて、どうしようもないくらいです(泣




酔いから醒めるといえば、私的には楽章ごとの拍手もちょっとイヤなんですよね






ふぅ。






話は変わって、いよいよ演奏会が1週間後に迫ってまいりました。

正直かなり焦ってます。


合奏していて、私がべらぼうに音程を外してしまう難しいところがあって
もうそこが不安でたまらない!!


本番に間に合うのか!?という感じで
でも間に合わせるしかないんですけど…

本番近くなっても、全員集まって合奏できていないというのが
もうやばいって感じです。


合奏これない人は、せめて楽器を持ち帰って練習してくれ!!(泣
という感じで、焦りばかりが出てきて(ToT)






でも。まぁ…
やりましょう!!!


スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://stringorchestra.blog47.fc2.com/tb.php/200-8dd1cbee

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。