感動した 

今シーズン2度目の風邪を引いています。

なんだか喉が痛すぎて、耳まで痛いですよ(;o;)

医者に行こうかと思ったんですけど
去年から腰やら膝やら風邪やらインフル予防接種やらでお世話になりすぎて

行く度に「あら…また来たの。今度はどうしたの?」という言葉が、美人女医からにじみ出ていて(実際には言ってません)
今回とても行きづらいです(笑

熱はないし、節々痛くないし、めまいしないしで
喉以外はいたって健康なため、ほっときゃ治るかなぁと思いつつも

市販の痛み止めでは効かない始末
イタイ~イタイ~と言いながらご飯食べてますわ~(泣




さて、今日はピアノの試験でした

弾いてきましたよ~
スタンウェイでエルガー作曲「愛の挨拶」

前の人の汗が鍵盤についていて、一箇所ミスタッチしてしまいましたが、慌てることなく
最後まで歌って弾くことができました~


いやーピアノってそういうことがあるんですね~
次からはハンカチをもってステージに上がらねば


友達も大きな事故はなく、無事に終了して
ほっとしてます(^-^)


スタンウェイの音は想像していたより落ち着いていました
私はなんだかんだ言ってKawaiの澄んだ(私にはそう感じます)音が一番好きですね
(電子ピアノでKawaiの音に慣れてしまったというのもあるんでしょうけど)



ピアノの試験は発表会形式で
自分の出番以外は聞いているのですが

トリを飾ったのがハンドベル部の友達でドビュッシーの「月の光」でした

彼女のピアノを聞くのは初めてだったのですが、
思わず…感動してしまいました。


彼女は本当に個性的なキャラクターで
自宅でハンドベルの練習をするのに、しゃもじを使うという強烈キャラなのですが(笑

音楽のセンスが…あるんですよね
それは、一年生のときから感じていて

リズム感、テンポ感、ベルの振り方、旋律の歌い方
理論とかそういう難しいことは分からないのに、感覚でそれをやってのけてしまうんですよね


以前から只者じゃないなと感じていたんですが
今日の試験で確信的になりました


彼女が最初の音を弾いた瞬間、会場の空気が変わった気がしました。
みんなが彼女の演奏に耳を傾けていて

他の人は、緊張とかで
「まちがえないように」「先生に言われたことを気をつけるように」という感じの演奏だったのですが

彼女はそんなことが演奏に全く出ていなくて
彼女自身が音楽を感じて、それを表現している。と言う感じでした


他にも、ショパン、メンデルスゾーンなど
難易度が高い曲をとても上手に弾いている人もいたんですけど

彼女の演奏が一番いいと感じました


彼女が弾き終えたときには
試験と言うより、彼女のリサイタルを聞きにきたかのような感覚になって

みんな思わず拍手。



本当に凄かった!!
思わず感動!!


密かに彼女のファンになったのでした(笑

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://stringorchestra.blog47.fc2.com/tb.php/219-142d8445