スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みせる練習 

テストが明日と迫っていますが
本番も迫っているので、今日はOh Happy Dayの練習をしました


この間、教授と打ち合わせしたものだと
音域が高くて、6ポジまで出てくるんですよ~

しかも本番は2週間後だし、そんなテクニック見せ付けるというより(見せ付けるテクニックもないし…泣)
ノリノリで演奏するのが重要だと考えたので

勝手に1~3ポジの間で演奏するようにしちゃいました(苦し紛れ…汗)


それで、今日のハンドベルとの合奏で弾いたら

教授から「それでいいよ」と


でも、譜読みがほとんどできていなくて楽譜に噛り付いて弾いていたら

「おい。突っ立って弾くな。それじゃまるで木偶の坊だ」


あーそうですよね

ゴスペル歌手が歌っていて、ハンドベルもステップ踏んでいて
私がただ突っ立ってるのもおかしい


でもノリノリで弾くって意外に難しかったです(笑


これくらいノリノリで弾けるとカッコいいですね

http://www.youtube.com/watch?v=wyvL4Cexj1w



ていうか、こんなに動いたら音かすれますよ(笑



聴衆に「みせる」というのも考えなくてはいけないんですね~


スポンサーサイト

Comments

たしか葉加瀬太郎さんが
してたと思うんですけど…
腰を中心にねじる?ように
動くやつ挑戦してみましたが
もちろんできませんでした(笑)
まずボーイングすらむずかしかった;

人によって考え方は違うと思いますが
わたしは
音程がちゃんととれてるけど
ビシビシ…って演奏より
ちょっと音がおかしくても
楽しそうに弾いてる演奏の方が
すきです(*・ω・*)

あゆみんさん

> 腰を中心にねじる?ように
> 動くやつ挑戦してみましたが
> もちろんできませんでした(笑)
> まずボーイングすらむずかしかった;
あはは(笑)
あれは無理ですよね~!!
ヴァイオリンが遠心力でもってかれますw


> 音程がちゃんととれてるけど
> ビシビシ…って演奏より
> ちょっと音がおかしくても
> 楽しそうに弾いてる演奏の方が
> すきです(*・ω・*)

そう感じられる方、私の周りにもいますよ~♪
とくにポップスや、ヴォーカル入りの曲なんかはそうですよね。少し音程ちがくても、フィーリングが伝われば感動したりしますし(^-^)
クラシック(オペラ)は中々そういうわけにはいかないですけど、楽しんでこその音楽ですから
そういう心はずっと持ち続けたいです☆

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://stringorchestra.blog47.fc2.com/tb.php/221-f9ec4620

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。