スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忙しかったので最近のことを一気に… 


春休みに入ったんですけど、全然暇になってません(^^;


つい先日、トレーナーのレッスンがありました

本当に急に決まったので、参加者は6割という感じで
少数のレッスンだったため、「星に願いを」をゆっくり教えてもらえました

実はトレーナーのレッスンは、あと2回しかありません
トレーナーは3月にイタリアへ留学してしまうのです…3年間。

だからトレーナーは、結構レベルの高いレッスンをしてくれました

「クレシェンド・デクレシェンドがこう書いてあるけど、一番音が大きくなるのはどこだと思う?」
「一見、クレシェンドとデクレシェンドの境目だと思うけど、フレーズから判断すると、次の3音なんだよ」


「そこは平凡に弾くところ?このタイはなんのためについてるの?」
そしてお手本を弾きながら
「俺には、こう弾いてほしいって書いてあるように見えるんだけど」

「それじゃ、そこに休符がある意味がないよ」
お手本を弾きながら
「こう弾いてほしいから、そこに休符があるんだよ」と


すごいハイレベルのお話です
つい1年前まで楽譜も読めなかった子達がたくさんいます
今でも苦労している子も

でもトレーナーは、楽譜をそういう風に見る癖をつけてほしいようです
フレーズ感とかテンポ感とかも感じる癖を

そして弓の配分を大切にしてほしいと

そのためには弓のコントロール力が必要なんだけれども
弓の配分を決める癖をつけるように言われました

上手なヴァイオリニストは弓の配分が本当に緻密なんだそうです
本人はもう意識なんてしてないかもしれないけど、全てのボーイングが理にかなっているそうなんです



そして今まで指揮者無しでアンサンブルしていたのですが
今年度から教授に指揮をお願いするので

指揮の見方というのも教えてくれました

指揮法には大きく分けて2つあること。

名前は教えてもらえませんでしたが
1つは、打点が下にあるもの。私たちが中学校で習ったハットのような曲線を描きながら振るもの
もう1つは、打点が上にあるもの。(一部の指揮者は打点を打つと言うより、上で泳いでいる感じ)
よくオーケストラの指揮者が振っているもので、初心者には演奏と指揮が合ってないように感じるもの

このハナシをきいて納得したことが
「あー。だから私はオペラをやったときに、指揮を見れば見るほどテンポが分からなくなってしまっていたのかー!!」


トレーナーって本当に色んな勉強をしています
指揮法にも詳しいし、しかも振れる。
テンポの感じ方とか
フレーズの感じ方
楽譜にある音の意味やらなにやら


もっといろんなこと教わりたかったなぁ。


トレーナーの後任は、トレーナーの紹介で
国立音大でヴァイオリンを専攻、たしか首席卒業?の女性のヴァイオリニストです
ヴィオラもチェロも弾けるようで…

トレーナーの人脈も凄いなぁ…

そういえば、トレーナーが地元の新聞の記事に載っていました
写真つきで、取材受けたみたいで
しかも結構大きい記事

「人生全てが勉強」「もっともっと上手くなりたい」
「自分がどこまで行けるのか挑戦したい」


はぁ。すごい人だなぁ…



さて、話は変わりまして

今日は、ハンドベルの定期演奏会でした

弾いてきました。「星条旗よ永遠なれ」(ピッコロ」と「Oh Happy Day」(ヴァイオリン)

雪が降っていて、お客さん来ないかもと心配しましたが
700人来てくれたみたいで、

大学のハンドベル部の演奏会ってそれだけ好評なんだなぁと思い知らされました。流石です


演奏会自体は成功に終わりました

私は、ヴァイオリンで譜めくりをミスってしまい、パニックを起こしました(汗
ページをめくったら、次のページまでくっついてきてしまって、2枚めくったことに

途中までなんとか暗譜で弾いて、わずかな休みで譜面をめくりなおしたら
フレーズの初めが、イマイチな音に(汗

音程も一部ちょっと高めに(汗


演奏会終わって、そのミスのことを友達に聞いたら
「2枚めくれちゃったの見たときはこっちも焦ったけど、まぁ気にならなかったよ」
「音程はそんなに気にならなかったよ~堂々としててかっこよかった」

後輩たちからは
「堂々としていてかっこよかった」
「かっこよかったー!!」
と言って貰えました

たまたま遭遇した高校のクラスメートのお母さんには
「堂々とされていて、音も綺麗でしたよ~。ステージではもっと長身に見えましたよ~堂々としてたから。こんなに小柄なんですね」



あれです。
堂々としてるのだけは一人前です(笑



それにしても、緊張しました
ピッコロのソロは本当に6年ぶりだし、やっぱり人前でソリストとして立つのは、かなり緊張します

舞台袖で待機していたとき、心臓がバクバクして
「あぁ……緊張する…」と呟いたら、教授に
「なに!?お前緊張してるのか?そんなわけないだろ」

いやいや何を仰います!!私だって緊張位するわ!!と突っ込んだら

「お前なんて百戦錬磨だろ。心臓に毛が生えてるくせに!!」

カチンと来て、

私の心臓に毛が生えているなら、先生の心臓にはカビが生えています!!一体何カビですか!?と反論したら、教授は

「ん?おれアオカビ」

あー。それじゃ食べられますね。

という会話をしていたら、ベルの部員に「なんのこっちゃ」と突っ込まれました(笑


お陰で緊張が和らぎました(^-^)


【追記】

そうそう。
大学の友人たちからバレンタインデーのお菓子と、バラの花束をもらいましたー!!
色とりどりのバラで、とても可愛くて綺麗です!!

ハワイに行っている間にドライフラワーにしてやる計画です♪

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://stringorchestra.blog47.fc2.com/tb.php/223-4e76da61

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。