スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合奏なんだけど… 


今日は合奏だったんですけど寝坊してしまいました(汗

1時間くらい遅れるかもと思ったのですが
すっごい急いだら20分の遅刻程度におさめることができました!!奇跡…


それで、学校に行くと一年生2人しかいなくて、

「え!!?これだけ??」と聞くと

後は部長だけで、今日は私を含め4人とな…


え……合奏できない。
そして何やればいいんですか…?


なにやら、今日は法律討論会というのがあるらしく
実は後輩がその討論会出場メンバーなんです。
そして、法学部の学生は法律討論会を参観しにいくので、そんな人数になったらしく

春休みだと言うのに、みんな忙しいこと……



そんな感じだったので、今日は1年生とパート練にしました
カプリオール組曲第一楽章を最初に練習したのですが

この曲って、単純な音形だから
すごく基礎がばれる気がします。

安定した音程で弾かないとハーモニーが残念なことになるし
しっかり3拍子を感じないと、踊りの音楽にならないし
しっかりしたボーイング技術がないと、ダウンボウが連続するところで音が汚くなるし

だから、譜面上では一見、簡単な曲に思えるんですけど
一年生には丁寧に扱ってあげないといけない曲なのかなぁと思った一日でした


それに今日は人数少なかったので、一人ひとりにアドバイスしてあげることができました(^-^)

小さな音で、音程がふらついていた子は、技術の問題なのかな?と思いきや
松脂が異常についていなかったり(毛替えがされていない弓で、毛の量もすくない。おそらく毛のキューティクルがなくなっていて、松脂にも付きにくい)
調弦が狂っていたり(駒が滑ってしまうため、ある弦を動かすと、他の弦まで狂ってしまう)


きっと今日の練習がなかったら、本人も、周りも気づかないままでいたんじゃないかと思うと
今日の練習はとても意味があった気がします


レガート・スピッカートで弾く方法や、強弱のコツ(弓の配分)、音程を取るコツ(指の置き方)など
自分が今までにトレーナーや先生に教わったことを、一年生に教えることができて


なんだか少しだけ、今までお世話になった人たちへの恩返しができた気がしました~(^^)




以前、誰だか忘れちゃったんですけど(おそらく教授…?)


先人から教わったことを後(のち)の人に伝えることが、お世話になった人たちへの恩返しになる。
だから君達も、先輩から教わったことを人前でやって「わーすごい」って言われて満足するんじゃなくて、それを後輩に伝えていけるといいね。


って言われました。



んー。
教員目指している身としても、「人に教え伝える」ことが「お世話になった人への恩返し」という考えに
とても共感し、そうしていきたいなぁと思うのでした



スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://stringorchestra.blog47.fc2.com/tb.php/228-169fe8c7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。