スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松脂買っちゃった 


今日は私が所属してるアンサンブル団体のライブだったんですね~
いや~GW中に急にライブの曲目が決まったので、なんだかんだで譜読みを開始したのは本番5日前という…

今までやったことあったり、練習していた曲であれば気も楽だったのですが

Vivaldi Concerto for Four Violins in B minor Mvt.1の4th:solo

Mozart Divertimenti D-Major K136 Mvt.1の2nd

やけに難しいこの2曲がプログラムに…(汗


特にモーツァルトの方は全く練習していなかった曲なので、超練習しました(泣



結果は、ちょいちょい間違えましたが、周りに引っ張られて無事に終えました~




それで、せっかく東京まで出てきたんだから新宿のクロサワバイオリンで弦を買おうと思い
お店に行くと

お目当てのコレルリアリアンスヴィヴァーチェのE線ボールエンドがなくて…(ループエンドしかなかったー泣)


悔しいので商品を色々物色していたら
ふと松脂に目がとまりました。


それで、買っちゃいました。
ベルナルデル



松脂は、初めて1年目はヴァイオリンセットの付属品を使ってました
粒子は粗く、そこそこ粘り気のある松脂でした。色は薄かったけど、透明度はベルナルデルに比べると全然低い。

2年目は、「まず大きな音、しっかりした発音」を課題にしていたので
より粘り気のある松脂を選びました。ピラストロ社のシュワルツ
スチール弦との相性が良い松脂なんですけど、私スチール使ったことないんですよね(笑
当時はまだネットショッピングというのを駆使していなかったので、地元の楽器店では選択肢がなかったんですよね~
価格も1,000円くらいで買えるので、悩んだ結果これを選んだわけです。
見た目は真っ黒。粒子も粗くて、粘り気もある。


そんで3年目に入ろうとしている今。
バリバリ・ガツガツ弾いて鳴らしに鳴らしまくったお陰か、最近「良い音してるね」「楽器の音よくなったね」と言われるようになってきました。
楽器も眠りから醒めてきたようだし(まだ完全じゃないけど)、そろそろサラサラした松脂にシフトしてもいいかな~?っと思っていて
でもどれにすればいいの?と…
アルシェ?黒猫?ギョーム?ピラストロシリーズ?ラーセン?

色んな説明読んだり聞いたりしても、結局試してみなくちゃ分からないことが多いので
人気者のベルナルデルを選びました。

人気者といえば、黒猫も使っている人多いので人気者なのですが
オペラのときプロがベルナルデル使っているのを見かけて、トレーナーもこれを使っていましたし

以前それとなくトレーナーに「弦はもちろんのこと、松脂とかにもこだわった方がいいですか?」なんて質問したときに
明確な答えは返ってこなかったんですが「松脂はこれ結構いいよ」とベルナルデルを勧めてもらったので


それが決め手となりました。


これから毛替えをして、新しい毛になったら使いたいと思います(^-^)








そうそう。シュワルツにかえたてのとき
咳と目の痛みが酷くて、「松脂アレルギーでは?」という疑いがあったのですが
今はなんともないことから、松脂アレルギーではなく別の病気だったんじゃないか?という…(笑

女性は男性より、風邪がきっかけで咳喘息になる可能性が高いみたいですし
しかし、たとえ咳喘息だったにしても
目の痛みは…なんだったんだろう?(笑

今考えるとすごく不思議です。
尋常じゃないくらい咳出たんですけどね~

そもそもアレルギーの検査とかうけてませんしね。
ま、今なんともないんだから気にしないことにします(爆


スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://stringorchestra.blog47.fc2.com/tb.php/239-6f3d0794

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。