スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実は、音楽はもう二度とやらないと決めていた最終回 

前回の記事の続きになります。


弦楽オケの活動のみならず、大学のハンドベル部とともに演奏活動をしてきた私ですが
そのうち、大学の入学式や卒業式の祝典演奏もするようになりました。

なので、部活動紹介で行うミニコンサートなどの内内の小さなものから
大ホールで行う大きいものまで
人前で演奏するのは大小含めて年間12回程度になっていました。

やはり、本番を何度も経験しますと、目に見えて上達していきました。
しかし、その上達のためにほとんどの時間をヴァイオリンに費やしていたので
周りにいた仲間や後輩たちは「ノリコ先輩やっぱすごいわ。でも…私にはあそこまでできない」と言われるようになりました。

あまりにヴァイオリンにのめり込んでいたので、この世界にどっぷり浸らせた教授でさえ
「異常だ」と言う始末(苦笑

勉強なんてもちろんほとんどやっておらず、
普通なら片手間にサークルという感覚なんでしょうが、
私の場合は片手間に授業という感じでした。

教員免許取得に必要な必修の単位も2回落とし
3回同じ授業受けました(結果、取得できましたが…笑)


つまり、私個人がただ自分の技術を磨いていくだげなら何も問題なかったのですが
私には大学にオケをつくるという使命がありました。

弦の人口はやはり少なく、初心者を育てていくことが最重要だったのです。
しかし、初心者にとっては私が壁になっていました。

憧れを抱いてくれる人もいました。
あんな演奏をしたい!と思って頑張ってくれる人もいましたが、
多くは「あそこまでできない」と思い去っていきます。

私自身も完璧主義的なところがあり、自分のみならず他人にも多くを求める癖がありました。
楽しくできるような工夫を考えても、演奏会が近づけばやはり指導も熱心になるし、それが初心者たちには大きなプレッシャーだったのです。

教授にも「完璧を求めてはだめだ。完璧はあり得ないのだから」と何度も諭されては
自分はそんなに完璧を求めているのか?と自問自答する毎日

いろいろなことを譲歩して、「週三回ある合奏には必ず参加しよう」というルールさえも守られない秩序のなさに
どうしたらよいかと悩み、悪戦苦闘する日々でした。


最初は調子よく楽しくアンサンブルしていた経験者同士のメンバーも、
演奏の技術向上を目指すあまり対立も激しくなり

それを納められない、まとめられない私や部長は何度も教授に相談しに行っては
号泣して、泣き腫らし(苦笑


そんなこんなで、いろいろな問題を抱えたオケでしたが、
私が大学3年の時に、同好会から部活に昇格し、「string orchestra部」と名乗ることができました。
やはり部活ともなれば、大学からもらえる費用も多く、
チェロやコントラバスを購入し、いよいよ弦楽オケっぽいことができるようになりました。
そして、この年に念願だった定期演奏会を開くことに!!
私たちだけでは2時間程度の演奏をすることができないので、大学の合唱部とのジョイントコンサートという形式でやりました。


そして結成4年目…私がいよいよ卒業する年は
いろいろな事情もあり、私がコンミスをすることになるという大変な年でもありました。
そして、新たに頼もしい経験者が入部してくれたこともあり、この年の定期演奏会では
管楽器の賛助を募り、フルオーケストラの曲に挑むことに!

この最後の年の定期演奏会は本当に大変でした。
急激に演奏する曲が難しくなり、初心者たちはもう完全にお手上げ状態。
毎日日替わりで練習を見て回り、パート練習をしたり、コンミスとして全体の演奏をまとめていったり
演奏をするというだけでも大変なことでしたが

なぜか私がステージマネージャーとしてステージの構成や
プルト表の作成をやり…

はたまた、管の人たちとの連絡役
演奏会場への打楽器等の運搬の指揮

私…正直倒れるんじゃないかと思った(笑


部活のためにいろいろ仕事をしているので、自分の練習がなかなか進まず
毎日くたくた


そんなこんなで迎えた本番でしたが、初心者の集まり故、完成度は低い演奏会でしたが
好意的に受け止めてくれる意見もあり、まぁ…なんとか無事に終えられたという感じでした。

感動的な演奏会になるかと思いきやそうではなく、あまりにあっけらかんとした感じでした。
後輩たちは「絶対にノリコ先輩を泣かせるんだ」と息まいていましたが

私はというとこの演奏会で最後だという感覚が全くなく、まるで来年も演奏するみたいな感覚でした。
実際に卒業した後も毎年OGとして定期演奏会に参加しています(笑

そうして、フルオーケストラの曲をやったことで、私が卒業した後
弦も増えたことだし、そろそろ管も入れてフルオケにしよう!!となり

名前も「string orchestra」から「管弦楽団」になりました。

部長が中心になって働きかけて、私たちがまいた種がようやく芽吹いた。

卒業後、正直本当に後輩たちがやっていけるのか不安でしたが
どうやら、当人たちが一番不安だった模様。会うたびに「戻ってきて」と言われました(笑

でも、彼女たちもたくましいもので、去年の演奏会ではとてもいい演奏をしていたし
進行も運営もテキパキ

もうなんの心配もしていない感じです(*^^*)




7回に渡ってお読みくださった方々、大変ありがとうございました。
最初は、誰がこんなん読むんだ?と思いながら書いていましたが、楽しみにしてくださっている方もいらっしゃって
大変ありがたく、感謝感激です。

いろいろなドラマを書いてきて、今回の記事はとくに大きなドラマもなく終了というあっけない感じですが
私の大学卒業は本当にあっけなかったです。
まるで今後もこのヴァイオリン漬けの生活が続くかのようで、就職してからも続ける気まんまんでした。

しかし、社会に出てみると、自分で時間を作ろうとしないとなかなか楽器に触ることもできず
大学生だったころのような関わり方はできないのだと分かった今は
いつレッスンを再開しようか考えながら教本を練習している日々。。。(日々といっても毎日はできない)

挫折を経験しながらも、また音楽を心の底から楽しみ、好きといえる
そして、こうやってブログを通じながら音楽の輪を作っていける喜び

正直、音楽には大変悩まされたし、苦労も絶えなかったけど

楽しもうじゃないか。音楽を。

技術向上は音楽を楽しむために…自分を表現するツールでしかない。
音楽が楽しいと思う心、音楽を楽しむ心を持つことが

やはり前提なのではないかな。


すぐ完璧主義になって自分を追い詰めやすい私に言い聞かせる言葉として
この場に残しておきます。


長くにわたってお付き合いいただき、ありがとうございました。




スポンサーサイト

Comments

ありがとうございました

初めてコメントさせていただきます、きりんと申します。バイオリン始めてやっと10ヶ月の初心者です。
このシリーズ、私も毎回の記事を心待ちにしていました。以前エアバリエの動画を拝見して、大学に入ってからバイオリンを始めて、まだこんなに若いのに、こんなに素敵に弾けるようになるんだ!と感激したのですが、その陰にはこんな壮絶なドラマがあったのですね…。
それにしてもノリコさん、バイオリンだけでなく、文才もおありですね!毎回、まるで本を読んでいるかのようなドキドキ感でした。どうもありがとうございました!

Re: ありがとうございました

きりんさん、こんばんは☆
コメントありがとうございます(*^^*)
そして返事が遅くなりすみません(ToT)

長くにわたってお読みいただきありがとうございます!
文才ありますか!?(゚ロ゚)
そんなそんな恐縮ですよ~でも、お楽しみいただけたようでなによりです!

更新頻度は高くありませんが、これからもよろしくお願いします(*^^*)
ありがとうございました!!

はじめまして,フリッツと申します。
SLANさんのブログから辿りつきました。
よろしくお願いします。

色々とご苦労されたようですね~
オケを立ち上げるのは,とんでもないパワーが必要だったでしょうね。
私の大学時代を思い出しながら感心して読まさせていただきました。

私の大学時代は30年ほど前で,今では立派な(笑)壮年アマチュアバイオリン弾きです。
勿論,大学オケに入って本格的にバイオリンの練習を始めました。当然,授業にも出ず1日8時間練習なんて当たり前の毎日でした。4年生の頃は相当上達して,手前みそですがファーストのトップサイドを弾いていました。
ただ,社会人になって忙しいのと結婚し家庭をもつと,いつのまにかバイオリンを弾かなくなってしまいました。バイオリンを再開したのは35歳の時です。
今,大学オケの同期でバイオリンを続けているのは,ごく少数です。みんな止めちゃうんですね。悲しいですが。
ただ細々と続けてきた私は,大学の頃よりは上達している実感があります。続けて良かったとしみじみ思います。バイオリンが無ければ,私の人生はここまで楽しくは無かったと思います。
一つ言えることは。。。「続けたもの勝ち」ということでしょうか。
仕事とバイオリンを両立させることは極めて難しいですが,頑張って続けてくださいね。応援しています。

Re: タイトルなし

フリッツさん、はじめまして
こんばんは(^^)
コメントありがとうございます!!

立派な学生オケのトップサイドだったなんてすごいです!!
私なんて、初心者の集まりのひよっこオケ出身なので、実力もまだまだひよっこです(^^;
コンミスやったのも事故みたいなもので、本当は私でなかった(笑

また、学生から本格的に始めて、現在も続けていて素敵です☆
私もぜひそのように末永くヴァイオリン、音楽と関わっていきたいものです。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://stringorchestra.blog47.fc2.com/tb.php/284-392fa440

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。