基礎練習な日々…思いのほか楽しいです☆ 

今日も
基礎練習な一日でした


まずは
G-Dur, D-Dur, A-Dur, C-Dur の2オクターブのスケール

そして1stポジションで出来るアルペジオ

主にボーイング、音量、音質、音程、拍とテンポに気をつけて、4拍と2拍を2回ずつやりました
どうもA-Durが上手く出来ないんですよね…
CisとかFisとかピッチが高くなってしまって、どうも2の指が安定しないんですよね(汗
正しい音程も、♯・♭が付くと分かりにくくて…


キラキラ星変奏曲を合奏して
(スズキメソード1巻に載っているキラキラ星に伴奏をつけて編曲したものです)
それからは、ホルベルク組曲を合奏しました

最近は基礎練習やアイネクが中心の練習だったので
全然弾けませんでした(汗

みんなゴメンナサイって感じでした…


全体の練習が終わってからは
スズキメソード1巻の宿題に出されていた
「習作」と「メヌエット」1~3までの計4つの曲をコンマスに見てもらいました

もうコンマスを良いように使いすぎですよね(苦笑
練習したいだろうに、またしてもゴメンナサイって感じです…

前回見てもらったときの課題は
1.習作を速いテンポで弾けるようにする
2.メヌエットは抑揚をつけてとにかく歌う
3.2つ以上アップが続くときは弓の配分を考える(1つめのアップで弓を使いすぎる癖があり)

「習作」って何気に難しいですよね
右手の移弦が多くてよく分からなくなっちゃいます(苦笑
これは、先に進んでも練習しておいたほうが良いかな?と思うくらいです
出来るだけ速く弾けるようにしておきたいですね

移弦といえば、メヌエット2番も最初から移弦ばっかりで
神経使います…

(3拍子だから1拍目が強くなるから…)や
(運指は指示通りに、必ず守って…)とか
(歌いすぎて3連符が崩れないように…)とか

いろんなこと考えながらやったので
疲れました……頭が(笑

今日見てもらったときに言われた課題は
1.メヌエットはまだまだ歌える。
2.音の強弱を意識しすぎて不自然なダイナミクスになっている
3.習作もまだまだ速く弾けるように

そして次回からは「楽しい農夫」と「ガボット」の2曲が追加されました
「楽しい農夫」はどう弾いて良いか分からないんですよね…
最初の1小節目に
付点4分音符とスタッカートの8分音符にスラーが付いているじゃないですか
あれは、音が切れないように滑らかに弾くのか
それとも、ちょっとだけ止めてはっきり弾くのか…
曲の雰囲気を出していくには止めたほうがいい気がするんですけど、楽譜どおりにした方がいいのか…
コンマスには「表現の範囲内なんで、好きなほうで良いと言われました」

どっちも出来るようにしておこうと思います。

明日も練習頑張りますか!



スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://stringorchestra.blog47.fc2.com/tb.php/29-2ec02dec