スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラーセン 

少しずつ馴染んできました。
まだ完全のではないのですが
新しく張り替えたラーセンの感想を書きたいと思います。

その前に私が張ったのは
G線シルバー、D線A線アルミ、E線ゴールドスチール
ミディアムのセットです。

ネット通販で大分安く買えました☆

まず、パッケージを開けての感想…

「ドミナントに比べて太いな~」

太い弦は音量が豊富だと聴いていたので期待UP

弦の張替えは3度目なのでまだまだ緊張…

E線の張替えに手こずりました(汗)

やっとの思いで張り替えた弦を
恐る恐る弾いてみると…


「おぉ!!めっちゃ音デカイ…」


弦が新しいからか、弓の引っ掛かりが物足りなく松脂をつけて

再度チャレンジ!!

ドミナントと比べて発音がくっきりしている。

音の響きもドミナントより豊富な印象を受けました。

私のヴァイオリンは駒が低いのか、
弦と指板が近くて
音程はとりやすいけど、音の音色が若干劣るのです…

しかーし!!
ラーセンはその弱点をカバーしてくれるみたいです(驚)

よく響く弦だと思います。

重音を弾くときが特にすばらしいです。

そして、CやCisで鳴っていたウルフが鳴りにくくなった!

奇跡!?


楽器との相性ですが、まだ経験が浅いんで分かりませんが
ドミナントよりかは良くなったんじゃないかと

あっ!決してドミナントが悪かったわけではありませんよ☆

より良くなった…そんな感じです。


ココからはちょっとラーセンの嫌な点

GDA線に比べてE線がとてもパワフル!!
油断して弾くとチョット大変。気を使います。

そして、これが私を悩ませていること!
それは…

ドミナントに比べて、弦の張る力が強いこと!!!
今までと同じように弾こうとすると音がヘタる…

ふぃーーん

って鳴るの!

だから今まで以上に強く押さえるから

一曲弾くと左手が死にそう…

指の腹がめり込む…

指の感覚が変わった…



ただ今、修正中。



そして当たり前のことなんだが
弦を張り替えたばかりはピッチが安定しない…

それがストレス!!!

ものすごいストレス!!!!



スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://stringorchestra.blog47.fc2.com/tb.php/3-a9d479e5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。