喜んでもらえてなにより 



昨日、子供たちの前で演奏してきました!!


非常に緊張してしまって
膝が震えた(笑)


全校児童70人程度なので
教室の一室に全員集まり、そこでやりました


子供たちが近いのなんのって
より緊張しました


演奏のほかには
バイオリンやフルートのクイズを出したり


私が音楽をはじめたきっかけを話したり


以前、どんな教育的価値をつけて話すか迷ったと書きましたが



諺の「好きこそ物の上手なれ」という言葉を子供たちに送りました


この諺は小学生にも馴染みがあるようで

高学年は深く頷いてよく聞いていました


音楽に限らず、スポーツでも物作りでもパソコンでも
どんなことでも自分が好きなのもを続けて上手になってください


そうすれば、スポーツのプロ、物作りのプロ、パソコンのプロ、音楽のプロになれるかもしれない


プロにはなれなくても

私のように、大人になっていい趣味を持てたり
同じ趣味をもつ仲間がたくさんできたり


人生が豊かに、楽しくなります



好きこそ物の上手なれ


みなさんも、好きなものを大切に頑張って下さい



としめくくりました




感想を子供たちに書いてもらったら


演奏にたいして、
「綺麗な音ですごかった」「バイオリンやフルートをはじめめて聞いて、きれいな音色ですごかった」

などのコメントを貰えました



演奏以外では
「好きこそ物の上手なれという諺のように、自分の好きなものの練習をたくさんして、先生のように上手になりたい」


なんてうれしい感想が



こういう、
自分も頑張りたい
できるようになりたい

という気持ちをもってもらえることが教育者としては
とても嬉しいものです




スポンサーサイト

Comments

よかったですね

全校児童70人程度ですか。こじんまりしてて良いですねー。って、喜んでると統合されてしまう恐れもあったりしますか?

うちの地域でも、あちこちで小学校の統廃合が進んでて、中学の同窓会的に見ると、出身小学校がなくなった(統合も含めて)という人が多数。

おっと、演奏の話でしたね。
教室で演奏すると、きっとかなり響くのでしょうか。
それとも、子どもがたくさんいると吸収されるのかしら。

でも、それだけ近くで、生のフルートやバイオリンの音を、じっくり聴く機会というのは、めったにないですよね。
しかも、知らないひとじゃなくて、よく知っている先生が弾くのですから。

それだけで、十分な教育的価値があったのではないでしょうか。

☆「先生」の影響というのは、良くも悪くも大きいものですよね。
信じられる先生、話をきいてくれる先生、好きな先生がいるだけで、学校に行く気になるものです。

知人の子は中学時代は不登校気味で担任を含めて学校には味方がいなかったようですが、高校では担任の先生が話をきいてくれて、楽しく登校しているようです。

Re: よかったですね

今のところ統廃合は大丈夫なのですが
近い将来話が浮上すると思います

今は、どこも財政難ですから


すごく緊張しましたが
子供たちのあのキラキラした目を見たら
やって良かったと本当に思います


自分を認めてもらえる人の存在というのは
本当に大きいですよね

子供であれば余計、話を聞いてもらえる人の存在は大切ですね

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://stringorchestra.blog47.fc2.com/tb.php/302-fe54d924