もう練習していいかな… 

左手首にガングリオンができて

受診してから「腫れがひくまでバイオリンは控えるように」

と言われたので、大人しくしていたんだが

一向に腫れがひきません

もう練習していいかな?

このガングリオン

ズキッと痛むわけではなく

地味に、じわじわ痛いんですよね

そしてときどき動かしかたが悪いと、イテッてなるけど

これまたさほど痛くない

いいかな?

いいよね(^^;

スポンサーサイト

Comments

問題なし!

実は、私のまわりでは聞いたことなかったです。まあ、私はだいぶ古い人間なので、アレルギーと同様にわりと新しい症例なんでしょうかね。

バイオリンとの因果関係は、ないと思います。整形外科学会のサイトによると、手を使う人によく見られるわけでもないようですし。

そうそう、先日のレッスンでコペルニクス転換的な教えを受けましたよ!

右手のボーイングなんですが、私はどうも指や手首を使って滑らかにというか、弦に直角になるようにしていたのですが、それは逆にひじから上の腕の回転運動の力をほとんど使わない、小さく貧弱な動きになっていたのですね。

極端に言うと、ひじから上は動かず手首と指だけで弾いていた。

でも、これは間違っている。弦と直角にしなければという呪縛から離れて、肩からひじの大きな回転運動で弾きましょう。手や指はドラえもんのように、つまり、何もしないくっついているだけのイメージ。

私としては、大きな啓示でしたねー。
ボリュームも右手の人差し指でかけてましたからねー。

まあ、ビブラートも手首からじゃなくて腕から、「大きな自然な運動」っていう一連の教えの中なんでしょうが。

Re: 問題なし!


はい(*^^*)もう早速通常運転で練習しています


ボーイング…
人によっては指弓とか、手首を柔らかくって言ったり

手首ではなく肩甲骨から大きく使うと言ったり

いろんな人がいろんな事言うので、未だよく分からないというのが正直なところです(ToT)


きっと求める音、出したい音によって、ボーイングも変わってくるの…かな?


しかし、今、私はその域まで行っていません
左手の重音に四苦八苦中です

もう、3つの弦を同時に押さえるなんて無理すぎます(ToT)


Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://stringorchestra.blog47.fc2.com/tb.php/304-de40e34e