修理に出しました 

2月中に毛替えとメンテナンスに出す

と決めていたので

今日、工房に預けてきました

とはいえ、職人さん

いつ電話してもいません

東京の学校で講師をしてるんだとか

海外に仕事しに行ったり、プロの演奏旅行についていったり…

あまりに、捕まらないので

自宅に電話して、奥さんに預けてきました

実に3年ぶりにメンテナンスを出すので

どこかおかしくなっていても不思議じゃない

怪しいのは、3ポジ以上のところでピチカートすると

雑音がします

湿気で指板が歪んでいるのかも

そして、弓の毛ですが

職人さんとの都合が合わなかったので、

前回は大型楽器店にお願いしちゃいました

大型楽器店にお願いすると、すぐやってくれるのでありがたいのですが

職人さんの方が、季節や天候を考えて張ってくれるので

どんなに時間がかかろうと、職人さんにお願いしようと思った次第です

しかし、しばらくバイオリンが弾けないのは悲しい

なんか手元にバイオリンがないだけで寂しいし、少し不安

こんなとき、サイレントバイオリンや

思いきってもう一本バイオリン買おうかと迷いますよね

といっても、私レベルが数十万のバイオリン買って

宝の持ち腐れではないかと…そんな思いも過るので

踏み出せずじまいす

いい楽器はプレイヤーを育ててくれるということも聞くのですが

アパートで音量を気にしながらチマチマ弾いている私に

いい楽器は勿体ない気がします

あぁ…またネガティブに…

とりあえず、バイオリンが帰ってくるまでは

右腕を指板に見立てて、カイザー練習します

スポンサーサイト

Comments

メンテナンスですか

メンテナンス、いいですね~

こちらは田舎なので、近くには工房もなくて、年に1回、毛替えのために職人さんが楽器屋に来るのが3月か4月の弦楽器フェアの2日間だけ。

まあ、その時に簡単な点検とペグの調整くらいは、やってくれるんですが。

安いカーボン弓も買ってみたけれど、やっぱり40数年前に買った弓のほうがしっくりくるので、毛替えに出そうかと思ってます。
ドイツのペゾルドってメーカーの量産品、当時でせいぜい数万円くらいのもののようですが、私には合ってるみたい。

>「右腕を指板に見立てて、カイザー練習します」

あ、変なこと思いついちゃいましたよ。
あのー、誰かさんの腕でやってみたらどうでしょう。

やろうとすると、背中にまわって左手を相手の腕にからませて、右手は相手の後頭部から右側に回すという、人間バイオリン状態になりますかねー。

でも、これはもう、ラブラブというよりも密着で苦しいかな
なかなか良い雰囲気には………、ならないかしら??

まあ…、もし、ムードが必要な事態になりましたらお試しください(^^;)

Re: メンテナンスですか

おぉ、ということは毛替えは年に一回しかできないのですね!!

毛替えをして9ヶ月たちますけど、すでに松ヤニもうまく乗らないほどツルツルになってしまっています
キューティクル剥げまくりです

私の場合は、自宅から車で5分程度の場所に工房があり、大変恵まれた環境ですね

弓かぁ
弓を変えるだけで音変わるっていいますよね
弓が一本しかないのも不便なんですよね

私の弓も1万円ほどのものですが、値段のわりに扱いやすくて好きです


誰かさんで試してみましたよ(爆)
でも体格が違いすぎてできなかったし、
一体何がしたいのかと言わんばかりにいぶかしげに見られました(笑)

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://stringorchestra.blog47.fc2.com/tb.php/306-6dd4e62e