バイオリンのバイヤーさんにお会いしました 



以前、バイオリンをたくさん試奏させてもらった楽器店から電話が入り

「東京にいるバイオリンのバイヤーさんが店に来るから、お話だけでもどうですか?」


とのことなので、行って来ました



色々収穫がありました!!


今回は弓を中心に見ていただきました



まず、私が使っている弓


柔らかい材質だけど、反がすごく強く、そして細いとのこと

見た目はものすごくきれいでしっかり作られている

クオリティとしては2~3万と同じレベルだそう


カルロジョルダーノのバイオリンセットで購入したのだけど、職人さんがしっかり選定してくれた模様

ふつう、カルロジョルダーノのバイオリンセットを仕入れて、そのままお客様に横流しにしていたらこうはならないんだとか


職人さんが神様のように思えます…
本当に頭が上がりません



この間試奏して気になった
篠原あつしさんのバイオリンに合う弓を見立ててもらいました


まずは自分の弓を使って篠原さんのバイオリンを弾きました


スケールしたり、ベートーベンのガボット弾いたり


するとバイヤーさん
私の弾き方や癖を瞬時に捉え


私には硬くて、反りは中~やや弱く、細い弓が合うとのこと


しっかり圧力をかけて、しっかり音を出すタイプ
ボーイングのスピードがゆっくりで圧力をかけて弾く私のような人は

柔らかい材質は合わないんだそう


実際に色々試していくと
音が潰れてしまうものもあり、なんだかんだ言って

アレクサンダーランゴルフ(ドイツ)のAL-110が
コスパも相性もいいとのこと


私は相性って、本体と弓の相性だけかと思いきや

プレイヤーにも相性があるんだとか



もう目から鱗でした



それに言われて気づいたのですが

私の弓には、横方向に杢目がある

横方向に杢目があると一見きれいだけれど、材質としては弱くなるそうです


だから、私はそういうものを選ばない方がいいとのこと




いやもー
言い話を聞きすぎて、幸せです(^^ゞ



そして、楽器の方では
篠原あつしさんのお話を聞くことができました


私が気になっている楽器は
ロメオ・アントニアッツィの型をモデルにしたものだそう

なかなかこだわりがあって
見た目も音も、似たものがあまりない
レアな楽器だそうです


以前の試奏レポでも書きましたが
篠原さんの楽器、横から見ると厚みがあって
他とは見た目からして違いました


モデルにしている型が珍しいというか
こだわりが感じられる楽器だそうです


職人やバイヤーからすると、「いいもの持ってるな」と思う楽器だそうです



ただ、ものすごくマッチョな
強くてグラマラスな楽器だそう


まず裏板の厚さがしっかりあるから
遠鳴りはする楽器なんだけど

すぐには鳴らない。
鳴るようになるのはずっと弾き込んだ後
5年はかかるそうです



そして音程にシビアで
ちゃんと音程がドンピシャに弾かないと鳴らない

逆に音程が合うと爆発的に鳴る


まさにプレイヤーに全く媚びない楽器なんだそう


決して鳴りやすくなく、焦点は何十年も先にある楽器だそうです



最初の試奏で、ぼんやり「将来性のある楽器だなぁ」なんて感じたことが

バイヤーさんとお話しして
理論が後付けされていき

とても面白く
同時に、自分の感覚はずれていないとの安心感もありました



ただ、篠原さんのバイオリン
プレイヤーに全く媚びない上級者向けの楽器なのに
価格帯は60万とのこと

60万なのに100万超えする楽器の性格をしている


そういう意味でも本当にレアですね


逆に100万出さなくても本格的なバイオリンが買えるということなので

かなりお買い得だということが判明しました



今日はとにかくいい経験させてもらいました!!

スポンサーサイト

Comments

昨夜コメントをお風呂から上がってきたらしようと思っていたら、疲れて寝ちゃいました、オケ練習だったもんで😊
へえ〜、大変興味深い話しですね、弓も合うのが人それぞれ違うってことですね。
知りませんでした。
篠原あつしさんって、ちょっと詳しく知りたいですね、お若い方なんでしょうか。
これからどんどん賞とか取られると、値段は上がるでしょうね。
60万で良い楽器が手に入るならいいですよね。
ノリコさんの家の近くの楽器やさんで試奏したんですか?

Re: タイトルなし

オケ練お疲れ様です!

バイヤーさんのお話によると
弾き方って基本的に変わらないし、変えなくていいそうです

自分が一番心地よい弾き方を自然と体得しているものだから、弾き方を変えるより
道具をプレイヤーと相性のいいものにする方が効率的なんだとか

これには、きっと色々な人がそれぞれ意見をお持ちでしょうから、議論は避けます


篠原敦さんは今東京にはいないそうです
楽器作りより、修理の方をメインにしている的なニュアンスでした

なので、かの有名な菊田さんや高橋さんのように
どんどん楽器作りをしているような雰囲気はお話から感じませんでした

だから、あと2年はあの楽器が売れてしまうと困ります(笑)
最終的にあの楽器を選ぶのかは分かりませんが
なんだか気になる

また弾いてみたい

そんな気になる楽器です

試奏した楽器店は、隣町にある楽器店です(*^^*)
弦楽器専門ではないのですが
展示してあるバイオリンの品揃えはなかなかです

はじめまして

初めてコメントさせて頂きます。
バイオリンのことや弾き方のこと、すごく勉強になりました。私自身数年前から趣味でチェロを習っています。自分の楽器は持っていないので教室で弾く程度ですが、今後自分の楽器を持つときの参考になりました!

弦楽器は奥が深いですね。
楽器と弓の相性、自分との相性…なかなか難しいです。

また覗きに来ますね(o^^o)

Re: はじめまして

Mayさん、はじめまして
コメント頂きありがとうございます(*^^*)

楽器を持つと、愛着が湧いて
もっとチェロや音楽が好きになるので
マイ楽器を持つことはおすすめです(^-^)

弦楽器は本当にピンきりですし
同じ作者で同じモデルでも、楽器によって音が違います

素敵な楽器と出会うには長い時間がかかりますし
弾き方が定まらないうちは相性もなにもないので
最初は量産品の初心者セットを購入し、後にグレードアップするのも手だと思います

いつしか素敵な楽器に出会えるといいですね(*^^*)

ぜひ、またお越し下さい☆

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://stringorchestra.blog47.fc2.com/tb.php/319-2f1aa41c