スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

倦怠期!? 

まさか来るとは思わなかった…

倦怠期…
それは「飽き飽きして怠ること」を意味するのだけど…

バイオリンに飽きたわけじゃないけど練習する気になれないというか
イマイチ練習に集中できないというか

もちろんバイオリンを弾くのは好きだし、もっと上達したい!と強く願っているのだけど
モチベーションが下がりっぱなし…

ためしに人の楽器弾いても、やっぱり自分の楽器が一番落ち着くと思うし
遊びでいろんな曲を弾いても、楽しいけどそれだけ…というか
基礎に戻って簡単な曲を練習するも、ただ弾いているだけ…というか

一体どうしちゃったんでしょう…?

そんな私の今日の練習内容は
やっぱりいつもの音階練習とアルペジオ
さらに今日は3オクターブのG-Durと2オクターブのF-Durもやりまし
モチベーションが全力で下がっていた今日はこれに相当時間かかりました(汗
2時間はやってたかな…!?

そしていい加減練習しなくてはと思っていたホルベルク組曲をやりました
いや~6ポジでの7連符があるんですけど、今まで適当にやってたもんだから、運指とかどうやってたんだっけ?となってしまし(苦笑
黒板にバイオリンのネック書いて運指を確認し、ピアノで正しい音程を覚え、テンポかなり遅くしてやってみたんですけど
出来ません(汗
最初と最後の音程が合っていればいいやと適当にやっていた自分…
そんな自分に驚きを隠せません(汗
11月に市の音楽祭で発表しなきゃいけないんだけど、大丈夫なのか?自分…
焦るばかりで、しかもモチベーションは上がらず…

ホルベルクの後は、スズキメソードに行きました
遊びで3巻の「ユーモレスク」弾きました
ユーモレスクは原曲だと和音がとても綺麗で、何気に好きな一曲だったり///
そして「習作」に「メヌエット」、「楽しき農夫」、「ゴセックのガボット」をいつも通りに練習しましたけど、
相変わらず“歌う”ことが……
“歌う”ことが頭で理解できていないのに出来ることなんてあり得るんだろうか…
表現すればいいのは分かるんです。楽譜に書いていないことでも読み取って表現することは分かるんです。
でも表現の仕方が分からないんです(泣

音を言葉で表すとき
「華やかで大きい音」や「繊細で小さな音」とか
形容する言葉がつくじゃないですか
でも私の音は「大きい音」「小さい音」と言えるけど「華やかな」や「繊細な」という形容する言葉がない気がして…
この形容する部分がない限りいくらミスなく演奏できても、人を魅了することなんて出来ないじゃない?と思うのです

感情を音に乗せる…中学生の頃は簡単に出来たのに、今は出来ません(泣
あのころ感じられていた表現したときの気持ちよさが、今は分かりません。


はぁ…難しいな


スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://stringorchestra.blog47.fc2.com/tb.php/32-8ee1478e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。