スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弓の要素は3つなり 



この間のバイヤーさんのお話を忘れないよう

少し細かく記録しておきます


まず、弓の要素を大きく3つに分けると


1 材質の硬さ(堅さ)
2 反りの強さ
3 弓の太さ


まず弓の性能は、材質の硬さでほとんど決まる

それなので、杢目の入っている弓は基本的に選ばない方がいい





このようなシマシマ模様はだめ


そして、材質が固いということは
木の密度が高いということなので必然的に高価になる


硬さの判断は、弓先を指手持ち横方向に曲げてみる






このように、たいして力入れていないのにしなりまくっているのは、柔らかすぎるのでダメ



続いて反りの強さについて

毛を緩めた状態で平らなところに置く



床と弓の最短距離が1㎜程度しかないので
この弓の反りはかなり強い


この弓は柔らかいので、反りを強くしてバランスを取り
弓を細くすることで操作性を上げたことになるそうです



そして、この弓をグラフに当てはめてみると






一般的にいい弓とされるのは




オレンジのラインにある弓だそうです




ただサラサラ弾くタイプの人は、材質の柔らかいものが合う場合もある


私のようなガツガツとしっかり圧力をかけて弾くタイプは、柔らかい弓は合わない



弓を購入する際、楽器との相性がよくても
プレイヤーとの相性があっていないことが多い


これはプロアマ関係なく多い



なのでバイオリン、弓、プレイヤーの相互の相性を見て購入することを心がける




ちなみに、アレクサンダーランゴルフの弓は
AL-110からぐっとレベルが上がるので
コスパがいいそうです


25万の弓もあるけど、それなら20万で
20万の買うなら15万でも十分


コストパフォーマンスのいい買い物がしたいなら
15万の弓で十分なんだとか


今後の弓探しの
いい道しるべとなるお話をいただけました

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://stringorchestra.blog47.fc2.com/tb.php/320-13894227

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。