指が!?……黒い? 

昨日・今日とガッツリ練習してきました☆

主に、コンマスにレッスンつけてもらう感じだったんですけど
いや~なかなか○もらえません(汗

最初の頃は出来ていたことでも時間が経つと
だんだん自己流になっていくみたいで

弓を寝せすぎだったり、左手の小指がおかしかったり、肘が動いていたりと
結構ヤバかったです(汗

しかも私は練習しこんだ曲でも必ずどこか間違える!
なぜだ…

レッスンでは、曲の中にある身に付ける技術(付点、リズム、移弦、スラーなど)が出来ればOKという進み方ではなく
一つの曲として仕上げるという進み方するので
神経磨り減ります(苦笑
私も、納得いかない部分があるのに先に進むのは嫌なので、今の進め方で不満はないんですが
そのかわり○がなかなか貰えないという…
チョット凹みます

左手の小指に変な癖が付いているので、それを直すために練習しているせいか
4の指がしっかり押さえられなくて、発音がヘタリます…

そのせいで他の指の音程も少しずつ狂っていって
「細かい音程に気をつけてください」とのこと
わぁ…弾けな~い…
という感じになっています(汗

ビブラートも大きくかけようとすると、少しずつ音程が上がっていくという(驚
なんともまぁ…悲しい現実です

そんなこんなで大分進み、今日2巻に突入しました!
というか1回のレッスンで8曲ほど見てもらえるので、初見で弾くこともしばしば…
それでもちゃんと教えてくれるコンマス…いい人です

そうそう、スズキメソードって簡単な曲が続いた後に行き成り難しめの曲が来ますよね!?
その後はまた簡単な曲で…

あと、ロングロングアゴーの変奏曲は、あれは一体何者!?
やたら移弦が…
移弦したDの音が突っ込んでしまうんですよね…
だからだんだん走っていくの…
あれは練習になりますね

そして長いレッスン(2時間くらい)が終わって
ふと自分の左手を見ると、

指の腹が信じられないくらい黒くなっていた…

何故!?と思ってクロスで弦を拭くと、クロスに黒い筋がびっしり(驚

一瞬、指板の塗装が剥がれたのかと思ったんですけど、
指板は一応黒い木で、塗装されていないはずなんです…

弦の振動で指板が削れて黒くなったのかとも思ったんですけど、押さえていないハイポジションのところもクロスが黒くなるんですよ…

まさか松脂!?と思いました
私の松脂は黒し、何か関係が?と考えましたが、むしろ松脂が付いている部分は黒くならなくて

いくら拭いても拭いても、クロスが黒くなることが治まることなく…

どうしたものかと思っていたら
新たな発見が!

G線とE線は黒くならないんです!
私が使ってるラーセンは確かG線がシルバーで、E線が金メッキなんです
残りの2本はアルミなはず

なんだかアルミ巻きの弦に原因が隠れている予感…

そういえば、ドミナント使ってたときも黒くなってたんですよね…指もクロスも

弾き終わった後、まるで車をベタベタ触ったかのごとく指先が黒くなるんで
チョット異常にも思えます(汗

他の人は指先黒くならないのかしら…


スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://stringorchestra.blog47.fc2.com/tb.php/34-16b28cec