顔合わせに行ってまいりました☆ 

今日は

12月に公演される、地元の歴史をモデルに創作されたオペラの顔合わせがありました。

なぜ私のような、アイネクも満足に弾けない未熟者がオペラに出演するのか…

それは…

そのオペラの総監督に任命された顧問の教授が

教授
「おい、お前オーケストラに交じってやってみるか?」


「えぇ?良いんですか!?」


(私、初心者ですよ??でも…頑張ってみたい…)


こんな経緯でオペラにヴァイオリン奏者として参加することになったのですが、


私って…かなりの怖いもの知らずですね(汗)


後から分かったことなんですが…


めちゃめちゃ難しいらしいです(泣)


もう…ものすごく不安


なんだか前フリが長くなりましたが、

本題へ


そのオペラなんですが、
東京からすごいコンマスが来たりとか、
指揮者や舞台演出がプロだとか
とにかくスタッフがものすごく豪華なんです!!

さらに別の意味で驚いたことは、

パート譜がまだ出来ていないそうな…


おい!!


それマズイでしょ~(汗)




私が(笑)



だって次の練習日まで集まりとかないし、


パート譜が出来るのは来月!?


確実に次の練習は初見大会になるじゃないか!!


初見できないよ~

バイオリン歴1年だよ?

長年のフルートでさえ初見苦手なのにさぁ…


さらにさらに驚いたこと…

司会者
「それでは合唱団の方ご起立願います。」



…えっ?


会場にいる役9割の人が立った…


司会者
「では続いてオーケストラの皆さんご起立願います」



えぇ!!!



立ったのわずか6人!!!


(今日来られなかった人が結構いるのかな?)


オーケストラのまとめ役
「知り合いの方で、特に弦をやっている人がいましたらオペラに参加して貰えるようにお願いできますか?」


えっ?


本当にこれだけしかいないの???




なんか物凄く不安でしょうがないのですが…


とりあえず私は変ニ長調の音階でも練習します(泣)



スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://stringorchestra.blog47.fc2.com/tb.php/4-72d9f406