スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凄い迫力だった! 

昨日はいろんなことがありました。

本当なら朝の10時から弦トレーナーが来て集団レッスンのはずだったんですが
なんと大学では警察官採用試験やら代ゼミの模試やらで、午前中は音出し厳禁!!となってしまい…

レッスンは12:40~13:40までのたったの一時間に(泣
楽器を用意してウォーミングアップをする間もなくレッスンに突入し
行き成りホルベルクをインテンポで合奏(汗

主に弓の使い方、音の立ち上がりを見てもらいましたが

「みんなトロい!もっと歯切れよく音を膨らませすぎないで!このメンバーならもう少し弾けても良いんじゃない?」
と言われてしまいました(汗
すごく優しい方なので怖くはないんですが申し訳なくて…
すみません。

そして時間を迎えると、オペラ歌手でもある弦トレーナーは立ち稽古に行ってしまい
私たちは、オペラで使う楽譜の改訂版をせっせと印刷・製本していました

18時になるとオペラのオケ練が始まり
今までマエストロの都合が合わなくて副指揮でやってたんですが
昨日ようやく練習に現れました!

プロのオケでも指揮を振る凄い人らしくて
オーケストラ独特の振り方で慣れず大変でした(汗

弾けてないのバレバレだったんだろうな…

しかも練習参加人数が少なく私はトップサイドの位置に…
まじ御勘弁を~(汗

そんな感じで最初から合わせると
後ろから歌が入ってきたんです!

ビックリして後ろを見ると
弦トレーナーを含めた数人が立っていたんです

マエストロ
「オペラはどうしても歌にあわせてテンポが動きますから、歌い手さんに一緒に入ってもらいます」

とのこと…


歌が入ると曲の雰囲気が変わって
凄かった!

歌い手さんが立派な人たちだから
もう美声で、声量も凄くて、間近でオペラ鑑賞だ!

だなんて思ってたら間違えました(汗


しかもマエストロおっしゃるとおりテンポが揺れること揺れること(汗

小節単位でアッチェルやらリタルダントやらピウモッソやら


ヤバイわ~

というか私オーケストラ初体験なの忘れてた~

普通に練習してても満足に弾けないのに歌に合わせるとか…


前回は弾き真似なんかして誤魔化していたけど
今回は間違えながらも何とか弾きました


終わるとオペラの総監督を勤める顧問の教授から
「お前…しっかり練習しろよ!お前に休みはない!!」
と釘を刺されてしまいました…


やっ…やっべ~

怖いよ~(汗

特に怒ってたわけではないけど、
教授から推薦って形で参加しているから、教授の顔に泥塗るわけにはいかず…


やばいよ~(汗


だってところどころ難しいんだもん!指回らないよ~


でも弦トレーナーから救いの一言

「結構弾けてるじゃん!もっと苦戦してるかと思った」


いや…もう十分苦戦してますよ(泣



スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://stringorchestra.blog47.fc2.com/tb.php/41-2ba01fd3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。