スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人差し指の爪が邪魔だよ… 

今日は音階練習に力を入れました
アイネクを練習しなくなってから、3ポジを使う機会がメッキリ減りまして
なんだか音程が安定しないんです(汗

ずっと音階練習やってたら飽きちゃいまして
好きなクラシックの旋律を弾いて遊んじゃいました(笑

ホルストの「セント・ポール組曲」という曲が好きでして
その曲の冒頭部分を弾いていたら

部長から一言
「適当に弾いてるでしょ…?」

はい。完全にうろ覚えです…

ヴィオラ奏者の部長ですが、彼にヴァイオリンを渡すと…
これまた上手いんですよ…
やっぱりヴィオラ的なアプローチで弾くんですけど
音程が抜群です…

そんな彼にセントポールを弾いてもらい
感嘆していると

突然、私が愛してやまないあの曲を弾き出したんです…

そう…その名も
ボロディン作曲「中央アジアの草原にて」(※音量小さいので注意※)

これまた素敵な音色で弾くんですよ…
ストイックなその演奏に思わず感動してしまって、ちょっとだけ涙ぐんじゃいました

それを見た部長
「どうしたの?松脂のせい?」

感動したって言うのがちょっとだけ悔しかったので、松脂のせいにしちゃいました(笑


部長からヴァイオリンを受け取って、音階練習をプラスしてやり
その後はホルベルク組曲の練習へ

曲の途中に出てくる
6ポジから3ポジに下がって弾くところがどうしても音程が上手く取れなくて
何度も練習していると、コンマスから

「ポジション移動しないで、6ポジのままで弾いたらどうですか?」

そういわれてチャレンジしたんですけど
そもそも6ポジでのG-Durをやったことが無いので、D線に移弦したとき音程がしっちゃかめっちゃかになりました

なので、6ポジでのG-Durをやったんですけど
小指を押さえようとした瞬間、それまで丸まっていた人差し指がグニっと逆方向に反っちゃうんですね(汗

どうやっても反っちゃうんですよ(泣

気にせずやってたら、さすがに人差し指が痛くなりまして
これじゃダメだな~となり

いろいろ模索していたんですけど
私の人差し指は爪が肉より前に出ていて、人差し指を立てて押さえようとすると爪が当たってしまって
めちゃくちゃ痛いんです(汗

爪を切ろうにも、もう切る場所ないよ…という感じでして

ハイポジションのときは、人差し指離しちゃっても大丈夫なんですかね…?

なんかその辺どうなってるのか全く分からずで








そういえば、松脂なんですけど
今日は、咳はそんなに酷くなく
その代わりに、目が痒くて涙、鼻水が出ました
アレルギーってその日によって症状が違うんですかね…?
そもそもアレルギーってことが私の勘違いだったりして……(勘違いであってほしい)
病院に行こう行こうと思ってはいるんですけど、ついつい練習優先してしまうんですよね~



スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://stringorchestra.blog47.fc2.com/tb.php/62-7b175bd1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。