音が響いて焦った(汗 

今、ドリーブ作曲のバレエ「コッペリア」の“マズルカ”という曲を聴いています♪

オペラを見る機会は結構あるんですけど、バレエを見たことは1度もないので
興味はあるんですけど、内容を理解できるのかが不安でなかなか見に行こうと思い立てません(汗

「コッペリア」の“マズルカ”いい曲ですよ☆
明るくて、なんだかスキップをしたくなるような曲です(笑






今日は授業が1と5限のみという…とても時間を持て余す日なんです
午前中はピアノの練習をしまして(授業の課題曲)
午後は課題を図書館でやり、それからヴァイオリンの練習をしました

ところが、練習室のある棟で授業をやっているらしく音出しが出来なかったんですね(汗
弦楽器なのでそんなに大音量になるわけじゃないんですけどね…
だから、mpで音階練習をしていました
コンマスも授業が午前中で終わったらしくミュートをつけて練習をしていたんですが
ほら…コンマスって音デカイし…ハイポジションまで使う練習とかするから…
自分の音が聞こえないんですね(汗

もうこれは…どうしようもないことなので、チューナーマイクをつけて音階練習です

いつもどおりの音量で練習できないのって凄いストレスですよね…
響きが体に伝わりにくいから、ちゃんと音程取れているのか不安になりますし
だから「あぁー!もう!!」となって若干ふて腐れて20分ほどお昼寝しました(爆

そして眠い目を擦りながら授業に行き、終わると同時に練習室へダッシュ!

ホルベルクの合奏をやる予定だったので、きっと皆いるだろうと思って扉を開けると

そこには、ヴィオラとチェロしかおらず、不思議に思っていると
部長から「今日はパート練にした。合奏は水曜ね。ヴァイオリンならリトミック室にいるよ」
と言われ、楽器を持ってリトミック室へ

そこではヴァイオリンがホルベルクを合わせていました

急いで準備して、練習に参加すると
何故だか物凄い違和感を感じたんですね…

コンマスの華やかな音が左から聞こえてきて、軽快な2ndのリズムが右から聞こえてきたんです…
あれ…?並びが逆に…?
とりあえず最初から最後まで合わせたんですが、左耳から高音が聞こえてくるのが
物凄い違和感でして…「イィ~~!!」となりました

並びが違うだけでこんなにも乱れると思いませんでした(汗

しかも今回、練習に使ったリトミック室は本当に広くて、15畳以上はあるんじゃないかしら?
グランドピアノ置いてありますしね

最初の合わせをしたとき、いつもの狭い部屋ではそんなに聞こえないんですが
このリトミック室では自分の音が凄く響いて、めちゃくちゃ聞こえてくるんですよ!

すごいビックリしまして…お陰で音程がとりやすかったです

そして最後のGの音をビブラートかけて弾ききると
「ぅわん……」と残響が凄くて、上手く聞こえました(笑

響く部屋で弾くと上手く聞こえて、ダメですね
音がよく響く場所に慣れてしまうと、ステージで弾いたとき響きが全然飛ばなくなってしまいますから

狭い部屋だけでの練習もよくないですけどね…


それにしても、大分よくはなって来たんですが
和音の濁りが気になります…
同じ音であれば、それぞれが音程の乱れに気付けるんですが
和音になると、なかなか気付きにくくて(特に自分が弾いているときは)

少し離れて聞いてみると、「あぁ…ちょっと高いな」とか気付けるんですけどね~

耳のいい人は、自分が弾いていても周りの音のズレに気付けるんですかね…?
私は自分が弾いていると、和音になったとたん自分の音でさえ合っているのか分からなくなります(泣


スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://stringorchestra.blog47.fc2.com/tb.php/69-3237ba9e